ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

高血圧薬の様々な薬づけからの脱却!

 

 

病院で高血圧と診断されて薬を処方されたのだが

どのような働きをもって血圧を下がるのかが

分からないという方も多いことでしょう。

医師から十分に細かい説明を受けていても

なかなか覚えることができないという方もいるかもしれません。

 

 

様々な要因で血圧は変わるため薬の種類も多々ありますが

血圧に関する薬は副作用などが出ることもあるので

どのような働きをもって血圧を下げることにつながるのか

そしてどんな副作用があるのかを

それぞれの薬ごとにしっかりと

理解しておいた方がいいです

 

 

そして、出来る事なら薬を飲まずに

高血圧を予防改善した方がいいです

記事の最後に

オススメの高血圧改善方法などを

掲載しております。

是非、最後までご覧いただきたいと思います。

 

 

 

利尿薬とは尿をだす働きを高める病院から処方される薬です。

どういった原因で高血圧になって

いるのかによって処方される利尿薬は異なります。

 

 

1-1.利尿薬の目的

血圧が上がることの原因のひとつに

血液中の水分が増えてしまうことが挙げられます。

血圧とは流れる血液が周りの血管にかける圧力のことで

水分が増えてしまうと血液全体の量が増えてしまいます。

 

 

川などでイメージすると、大雨などで川が氾濫したときに

岸の土が崩れてしまうことがありますが

これは川の水の量が多く岸にダメージを与えているためです。

この川の水の量を抑えることと血液の水分を抑えることを

同じように考えるとわかりやすいかと思います。

川の水つまり血液の量を調整するためには

体の外に出すしかありません。

水分を外に排出するために尿の量を

増やすことが目的の薬が利尿薬です。

 

 

塩分であるナトリウムは水と結合する性質があり

利尿剤はそのナトリウムを体の外に排出する成分をもっています。

利尿薬の成分でナトリウムを体の外に排出し

一緒に水分を排出しているのです。

 

 

1-2.利尿薬の種類

利尿薬にはいくつかの種類があります。

 

 

ループ利尿薬

利尿薬で主に使われるものが「ループ利尿薬」です。

腎臓にある尿細管という部分で尿が作られますが

この尿細管の一部分がヘンレループと呼ばれています。

このヘンレループ部分での尿をつくる作用を

強める効果があるのがループ利尿薬です。

 

 

カリウム保持性利尿薬

ループ利尿薬では塩分であるカリウムを排出してしまうため

カリウムが不足することでの副作用が発生します。

カリウム保持性利尿薬はこのカリウムを

排出する働きを抑える機能を持っています。

 

 

サイアザイド利尿薬

尿細管という部分に影響を与えるタイプの利尿薬で

カルシウムの排出量が抑える働きをします。

厳密な作用は異なるものの同様の働きを

するものとしてサイアザイド系利尿薬と呼ばれるものもあります。

サイアザイド利尿薬を服用すると

高齢の方は利尿効果が少なくなる場合があります。

 

 

浸透圧利尿薬

濃度が違う水分が合わさることで

一定の濃度に保つことを浸透圧といいます。

浸透圧利尿薬は、尿を作る尿細管で浸透圧を一定に

保つよう働きナトリウムや水が再吸収を減少させます。

その結果、尿の量が増えることになります。

 

 

1-3.利尿薬の副作用

塩分と水分を外に排出することにより

身体に副作用が発生することがあります。

水と一緒にナトリウムやカリウムという成分を

一緒に排出してしまうことで脱水症状や

ナトリウム、カリウム不足を起こし

体のバランスが崩れてしまうのです。

 

 

さらに肝臓の病気などが発生することもあります。

また利尿剤に限った副作用ではありませんが

むくみが発生するという副作用もあります。

むくみは血圧が下がることにより

体の中に血流が滞ってしまうため

他の血圧を下げる薬でも発症する可能性がある副作用です。

 

 

1-4.利尿薬の特徴

ループ利尿薬では聴覚障害を発生させるケースもあり

その際はループ利尿薬を服用し始めてから

早い段階で両側の耳に発生します。

しかし他の原因で発生する難聴とは

異なり回復が可能です。

 

 

日本ではあまり症例は多くありませんが

耳鳴りがする、聞こえづらい、耳が詰まったような

感覚などがある場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

 

α遮断薬

血液の量以外に血管に対する圧力が強くなる原因として

血管自体が縮んだり広がったりする点があります。

この血管が縮んでしまうことを抑えるために

病院から処方される薬が「α遮断薬」です。

 

 

2-1.α遮断薬の目的

血管が収縮するメカニズムのひとつに

血管を縮める物質が神経から伝わるという点があります。

神経から伝わったノルアドレナリンという物質が

血管にあるα受容体というものと結合することで

血管を収縮するという信号を出し、血管の縮みが発生します。

このα受容体への信号が伝わらないように

遮断をするものがα遮断薬です。

 

 

イメージとしては水をかけているホースを潰すと

水圧が強くなりますが、血管をホースと考えた際に

この血管を潰す手の力の影響を受けないようにするものです。

 

 

α受容体には「α1」と「α2」の2種類があり

α2の受容体の遮断をするとノルアドレナリンが

増えてしまうため血圧を下げる目的の場合は

α1の遮断薬を使用するのが一般的となっています。

 

 

2-2.α遮断薬の副作用

α1遮断薬は心臓の病気を発症させる可能性が

高くなる副作用や、最初に服用した際に

めまいや心臓の動悸などが発生することがございます。

 

 

2-3.α遮断薬の特徴

副作用が心臓に影響のある薬のため

血圧を下げる目的の薬として

最初に選択することは少なくなっています。

 

 

その他の血圧を下げる薬を使用することを

まず治療として進めて、それでも改善が見られなければ

α1遮断薬を使用するというのが一般的な血圧の治療の進め方です。

 

 

しかし使用には充分な注意が必要となっており

使用開始の際にも副作用に注意して

少量から始めていき他の薬と合わせて使用されます。

 

 

β遮断薬

β遮断薬はα遮断薬と同じような働きですが

交感神経の働きを抑え心機能の仕事量を減らす薬です。

先程のように血管をホースとして考えると

ホースをつぶす手の回数を減らすというイメージになります。

実際にはβ遮断薬は心臓を動かす筋肉に影響を与えるので

α遮断薬と同様に副作用の影響が大きい薬でございます。

 

 

3-1.β遮断薬の目的

α遮断薬と同じように、ノルアドレナリンと

結合をするものとして「β受容体」があります。

β受容体はノルアドレナリンと結合すると

α受容体とは反対に血管の拡張を行ったり

心拍数を増やしたりします。

 

 

β受容体にはβ1やβ2といった受容体がありますが

そのなかでも心臓の筋肉に多くあるのがβ1受容体で

心臓の筋肉の収縮を強める働きをしており

血圧を下げる目的で使用する場合には

β1受容体の薬が主に使用されます。

 

 

3-2.β遮断薬の副作用

α遮断薬と同じようなめまいや

心臓に関する症状がでることがございます。

 

 

3-3.β遮断薬の特徴

血管の収縮ではなく心臓の動きを抑えて

圧力を下げることを目的とします。

心臓は体全体へ血液を送るポンプのような

役割をしていますが、そのポンプが

全身へ送る回数を減らすことで

体全体の血液への流れをおさめることができます。

 

 

α遮断薬の使用と同じで

治療の上で最初の選択肢としては含まれません。

他の治療の薬だけでの効果がなければ

副作用に注意しながら

少しずつの量から始めていく薬でございます。

 

 

カルシウム拮抗薬

 

 

血管を縮める働きを持つ物質は

いくつかありますが

その内のひとつが「カルシウム拮抗薬」です。

 

 

4-1.カルシウム拮抗薬の目的

大きな血管の壁には平滑筋細胞という細胞が存在していて

この細胞が、血管を縮ませて血液の流れをよくする働きをもっています。

この平滑筋細胞が血管を縮まるように動く

きっかけは平滑筋細胞にカルシウムが流れこむことです。

カルシウム拮抗薬は平滑筋細胞にカルシウムを

流れ込ませないようにして

血管が縮むきっかけを失くすようにすることで

血圧の流れを低くする薬です。

 

 

4-2.カルシウム拮抗薬の副作用

他の血圧をさげる薬と同じように

むくみが起こるという副作用がありますが

カルシウム拮抗薬の特徴として

むくみが部分的に発生することが多いことが挙げられます。

むくみは主に下半身にあらわれ

くるぶしや足の甲にまで発生することがあります。

このむくみが、指やまぶたなど

下半身以外の部位に発生するケースもみられます。

 

 

また口にも影響が出ることがあり

歯茎が腫れる、口の中に痛みを感じる

などの症状が出ることもありますが

副作用と気がつかないことも多いので注意してください。

 

 

4-3.カルシウム拮抗薬の特徴

他の血圧の薬に見られない特徴として

カルシウム拮抗薬はグレープフルーツを

一緒にとることで血圧が下がりすぎてしまう

ということも報告されています。

なぜグレープフルーツが影響するのかは

ハッキリ解明されていませんが

薬を飲んでからグレープフルーツを食べるか

その反対の順番にするかで影響は異なります。

 

 

薬を飲んで2~3時間ほどしてから

グレープフルーツを摂取するのは

問題ないとされていますが

反対にグレープフルーツを食べてから

数十時間は薬を飲むのは避けなければいけません。

 

 

カルシウム拮抗薬を定期的に薬を服用するのであれば

グレープフルーツは避けなければいけない食品となっております。

オレンジでは発生しないため

薬を飲んでいるときにグレープフルーツを

食べたいときにはオレンジに代替えするといいでしょう。

 

 

ACE阻害薬

血圧を上げることに関連する成分がつくられることを

止める目的で病院から処方される薬です。

カルシウム拮抗薬と同じような働きですが

影響する物質が異なります。

 

 

5-1.ACE阻害薬の目的

血圧を上げる原因のひとつに

アンジオテンシンⅡという物質があり

これは全身の血管を縮めて

血液量を増やすというホルモンです。

 

 

また、腎臓でのナトリウムや

水分の排出を抑える働きをもっています。

アンジオテンシンはⅠとⅡの二種類があり

アンジオテンシン変換酵素という物質が

アンジオテンシンⅠからアンジオテンシンⅡに変化させる働きをします。

このアンジオテンシン変換酵素をACEとよび、

ACEによるアンジオテンシンの変換を抑えるのがACE阻害薬です。

 

 

5-2.ACE阻害薬の副作用

ACE阻害薬の副作用は咳の発生や血管のむくみなどです。

咳の発生は薬を取り始めてから一週間から数ヶ月ほどで発生し

薬の服用をやめることで咳は止まります。

また妊娠中に服用すると

母と子どものどちらとも影響があるので

妊娠中はもちろん服用できず

服用している方に妊娠が発覚したのなら

服用をやめなければいけません。

 

 

5-3.ACE阻害薬の特徴

副作用で発生する咳は

通常の日常生活で起こる咳とは異なります。

一般的な咳は痰が絡んだりすることが多いのですが

ACE阻害薬が原因で発生する咳は痰がからまず、

喉が狭いなどの違和感が発生します。

夜間に発生する傾向があり、

タバコを吸っていない方や女性などに多くみられます。

 

 

ACE阻害薬だけ咳が発生することがある理由として

本来であればアンジオテンシン変換酵素によって

咳を発生させる物質が分解されることにあります。

咳の原因をやっつけるアンジオテンシン変換酵素自体を

抑える目的に薬であるため、咳を発生させる物質が

残ってしまうことで発生する副作用です。

 

 

ARB

 

 

血圧に影響を与える成分の働きを

抑える目的で処方される薬です。

ACE阻害薬と最終的な目的は同じですが

作用する段階が異なります。

 

 

6-1.ARBの目的

ACE阻害薬はアンジオテンシン変換酵素の

働きを抑えるものですが

既にアンジオテンシンⅡに変化してしまったあとの

働きを抑えるのがアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬で「ARB」と呼ばれます。

血圧を収縮させる働きをもつ物質になるのを止めるのではなく

アンジオテンシンⅡが発生している状況においてその働きを抑える薬です。

 

 

6-2.副作用

心臓の動悸やめまいなどが発生します。

またACE阻害薬と同様で

妊娠中の方が服用すると

母親と子どもに影響が出る

可能性が高いので服用できません。

 

 

6-3.ARBの特徴

ACE阻害薬とは異なりアンジオテンシン変換酵素自体は

発生するため咳をおさえる働きに影響は与えません。

そのためACE阻害薬で咳が発生した方には

ARBに切り替えることがあります。

 

 

まとめ

 

 

高血圧で病院から処方される薬はそれぞれ異なります。

血圧が上がるということは

血液から受ける血管への圧力が高くなるということです。

この圧力が高まる理由としてはさまざまな要因があり

血液中の水分の量や身体全体へ血液を送る心臓のポンプ働き

神経から刺激を受けて圧力を高まるなど多岐にわたります。

 

 

そのため血圧を下げる薬にもさまざまな種類があります。

血液は全身へ栄養や酸素などを送る重要な働きをもっているので

血圧を下げる薬を使うことで体に副作用が現れることがあります。

そのため服用している方一人一人の状況を踏まえて

医師が薬を選択することが重要でありまして

同じ高血圧でも、人によって薬の種類は異なってまいります。

 

 

 

「ツカコッコーオススメの「荒木式」高血圧克服プログラムはこちら」

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。