ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

よろしくお願いします。

と相手と挨拶などをして

握手をしますが、

どちらかの人はガンです

 

 

そうなのです日本では、2人に1人が

ガンになる時代になりました

 

 

しかし、

今は、ガンも早期発見により

治療による改善も見込めております。

 

 

私は、身内をガンで

3人亡くしておりますが

ガンが見つかったときは

ステージ4「末期」でした。

末期になる前に

ガンの早期発見は

絶対に見過ごさないで下さい。

 

 

又、ガンにならないようにする

予防治療もございます。

ガン治療は本人にとって

大変ツライ治療で、

費用も結構かかります。

 

 

ツライ三大療法(手術・抗ガン剤・放射線)や

保険適用外の高額な先進医療に頼ることなく、

自宅でガンに対処する“最新の食事法”がございます。

 

 

あなたもこの療法を知って、

副作用や後遺症の苦しみを緩和させ、

精神的な不安や、経済的な負担も軽減させて、

大切な人と穏やかに暮らせる

自分らしい生活を手に入れませんか!?

 

 

例え、あなたが余命宣告を受けた

末期ガン患者であったとしてもです。

今から、この療法に関する詳細を

順番にお話していきます。 もし

今あなたが、仮に“絶望”の淵に

立たされていたとしても、

どうかご安心ください。

 

 

その絶望を大きな“希望”に変える

壮大なプログラムです。

大いに期待してこの先をお読みください。

 

 

このプログラムは、

京都大学医学部を大学院まで卒業され、

ハーバード大学で准教授として活躍された実績のある、

現・崇高クリニック院長のドクター荒木氏によって

確立された食事法を自宅で実践して

がん対策していただくための

本当に特別なプログラムです。

 

 

大変申し訳ないですが、その辺にいらっしゃる

“自称”ガンの専門家や、胡散臭い輩が推奨する

食事法などとは、まるで違い全く比べ物にならない

プログラムとなっております。

 

 

この食事法は「断糖食」と呼ばれ、

一般的な常識とは大きく異なるので、

最初は驚かれるかもしれませんが、

すべて医学的根拠に基づいております。

 

 

この食事法を正しく理解しプログラム通り

実践していただければ、

例え末期ガンと診断された方でも、

QOL(生活の質)を高く保ちながら、

延命措置の効果を最大化させ、

最後まで苦しむことなく

人生を自分らしく生きられることでしょう。

 

 

もちろん、ガンの種類や進行度によっては

完治する可能性も十分にありますので、

希望を持ってこの食事法に取り組んで

いただきたいと思います。

 

 

もともと荒木先生は、

アメリカのハーバード大学でガンの研究から

スタートし「断糖食」を確立しました。

 

 

ですから、

荒木式シリーズの中でも、

[【荒木式】がん対策プログラム]には

荒木先生の特別な想いが込められております。

現在、ガン検査の主力となっているPET検査も

元々は、荒木先生の考案によるものでございます。

 

 

荒木先生は、今現在でも世界中の論文を読みまくり

日夜、ガンの研究を続けております。

そんな荒木先生がガンを対策するために

確立した「断糖食」の詳細を

是非とも、この機会にてご確認ください。

荒木先生の患者に対する

想いも知っていただければ幸いに存じます。

 

 

ほんの少しだけ、実際の患者さんの症例をご紹介致します

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

乳ガンの患者さんのケース

 

卵巣ガンの患者さんのケース

 

膵臓ガンの患者さんのケース

 

 

 

 

 

「ガン対策を行いたった1ケ月でガン細胞を死滅させる方法」

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。