ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

インディアンにハゲはいない

なぜ、インディアンにハゲが少ないのか!?

 

 

また、このネタか?

もう、コケやカビのはえたような

こんな古いネタもういいよ!

って思う方もいるとは思いますが

ご安心ください。

日本にもインディアンのように

ハゲない方々がいたのです。

後程、ご説明致します。

 

 

 

日本人に限らず、どこの国でもある程度の

年齢になると薄毛の人が増えてきますよね?

AGAは世界共通の薄毛で人種や環境などは関係ないと思われていました。

しかし、実は同じアメリカ人でも原住民であるインディアンには

ハゲがほとんどいないのです!

 

 

最近はインディアンと言っても昔のような生活をしている人は少なく、

何でも手に入るはずですがそれでもハゲが少ないのは、

化学物質が大量に含まれたシャンプーではなく

ユッカの根を原料に作られた無添加シャンプーを

使っていることが分かったそうです。

今でもインディアンたちは髪が薄い人は

ほとんどいないようです。

 

 

インディアンの人は100人に1人がハゲているという

実に珍しいというより、なんとも羨ましい限りです。

昔から使っている無添加シャンプーで

頭皮が健康な状態を保てているため、

十分な栄養が毛根まで行き届いて

薄毛にならないと言うことなのです

 

 

最近では日本でも毛穴の汚れを根こそぎ取り除き

頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうような

シャンプーを使う人は少なくなり、

無添加でノンシリコン、適度に皮脂を残すようなシャンプーが

使われるようになってきました。

 

 

インディアンはかなり昔から無添加のものを取り入れているんです。

それにより髪が抜ける抜けないが決まってくるとしたら、

シャンプー選びは本当に重要であることがわかります。

 

 

今は、無添加のシャンプーはどこでも購入できるようになり、

ほとんど化学物質を含まない物を使いたい人はすでに取り入れているようです。

 

 

「インディアンにハゲはいない」というテーマで調べてみました。

インディアン

正確にはネイティブアメリカンで、

アメリカ大陸の原住民のことを言います。

 

Indian

 

アメリカ大陸の原住民をインディアンと言う呼ぶのは、

かのコロンブスがカリブ諸島に到着した時、

そこをインド諸島だと誤認したことによるとのこと。

 

 

そして、インディアンにハゲはほとんどいないのだそうです。

上の写真のインディアンの男性は、

うらやましいほどの量とコシとハリのありそうな髪の持ち主ですね。

おまけに三つ編みのロン毛です。

 

 

さて、インディアンがハゲない理由はノコギリヤシにあると言われています。

科学者たちがインディアン(ネイティブアメリカン)には

前立腺肥大が少ないことを不思議に思いリサーチしたところ、

コギリヤシに辿り着いたというわけなのです。

 

 

ノコギリヤシはインディアン飲んでいた愛用していた強壮剤に調合されていました。

ノコギリヤシにはジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える作用があります。

DHTは悪玉男性ホルモンと呼ばれていて、

これが前立腺肥大や薄毛を引き起こしていることが証明されております。

 

 

薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)、

そして、ジヒドロテストステロン(DHT)へと

変化するのを抑制することで薄毛を防ぎます。

 

 

 

私たちは、インディアンのような生活は出来ないですよね。

でも、無添加シャンプーを使う事や

ジヒドロテストステロン(DHT)へと

変化するのを抑制するサプリメントのような

ものは摂ることが出来ます。

 

 

 

「インディアンと同じような成分を摂取するにはこちら」

フィナロイド
FinaLloyd(フィナロイド)は、プロペシア錠と

同じ有効成分のフィナステリドを含有する

男性型脱毛症(AGA)治療薬です。

キノリンイエローは一切使用しておりません。

 

 

フィナロイドに含有されている有効成分のフィナステリドは、

毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害します。

男性ホルモンであるテストステロンが、

脱毛症の原因となる

ジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制することで、

髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

 

 

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、

他のホルモン系への影響による副作用が

極めて少ないことが利点の一つです。

また、国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも

有意に優れていることが確認されており、

海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、

90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。

 

 

「インディアンと同じような成分を摂取するにはこちら」

ミノキシジルタブレット5mg 10mg

ミノキシジルタブレットは、リアップと同じ有効成分のミノキシジルを含有する内服薬です。

ミノキシジルタブレットに含有されている有効成分のミノキシジルは、

血管平滑筋を弛緩させて、血管を拡げます。血流を増加させることで

毛髪再生に必要な栄養素を届けて、毛乳頭を活性化させ、毛髪の成長を促します。

ミノキシジルの含有量は5mgと10mgがあります。症状にあわせてお選びください。

 

 

そして、無添加シャンプーで頭皮の状態を良くして

毛穴が詰まらせないようにしておき

肥しとなるであろう育毛剤がきちんと

浸透できる状態に致しましょう。

有効成分が浸透することで育毛、発毛に効果が出てきます。

但し、効果がある育毛剤を使わないと意味がありません。

 

 

医学的に発毛に効果があると言われているのが

ミノキシジルとう成分でございます。

聞いたことある方も多いと思います。

私はミノキシジル入の育毛剤である

リグロースラボM15

頭の気になる箇所に

3回くらいプッシュして

良くマッサージをしています。

 

 

これで、あなたもインディアンのような

毛髪が手に入るかもしれませんね。

 

 

 

因みに、インディアンだけでなく

氷雪地帯に住んでいるイヌイット民族(エスキモー)の

方々にも薄毛やハゲは、まず少ないですし

 

 

北海道地区に住んでいるアイヌ民族の方々も

薄毛やハゲは中々見当たりませんでした。

 

 

また、青魚をよく食べる漁師も薄毛は少なかったのです。

「青魚をよく食べる漁師に薄毛は少ないの記事はこちら」

 

 

 

あと、あまりよく知られてはいませんが、

インディアンやイヌイット、アイヌの方々や

青魚をよく食べる漁師には、

高血圧や、高血糖の人が少なく、数値は正常範囲内で

生活習慣病の人は、ほとんどいなかったのです。

 

 

 

やはり、薄毛と血糖値の関係は、

皆無では、なかったのであります。

 

 

 

血糖値を改善するプログラムはこちら」

 

 

 

「1日5分で糖尿病予防するプログラムはこちら」

 

 

 

「ツカコッコーオススメの1日5分で高血圧予防プログラムはこちら」

 

 

 

「ツカコッコーオススメの高血圧改善プログラムはこちら」

 

 

 

※大手カツラメーカーA社によると

今は、男性よりも

女性の方が

薄毛で悩んでいる人が

たくさん増えていて

来店や、ご相談のTELは

男性よりも多いとのことです。

 

 

 

でもね、やっぱり、ウイッグやカツラは、どうしても嫌で

自毛を生やしたいという方はこちら   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「女性でも、安心してお使いいただける育毛剤はこちら」

 

 

 

Regrowth Labs(リグロースラボ)の

『ケトコロストシャンプー』と『コロストラムトリートメント』は

ともに有用成分「コロストラムミルク」を配合した

オールラウンドスカルプケアプロダクトです。

 

コロストラムミルクは、天然の免疫ミルクとも呼ばれる

乳腺から分泌される初乳のことです。

含有されている豊富な栄養素や

グロースファクター(成長因子)が

毛髪の成長をサポートします。

 

 

真菌や細菌から頭皮を防御するのにも有用な成分です。

加えて、コロストラムミルクには傷ついた頭皮の

修復を手助けする働きもあるため

乾燥や炎症などでダメージを受けた

頭皮をやさしくケアすることができます。

 

 

一部の美容外科・皮膚科のドクターズサプリに

配合されるなど、美意識の高い女性の間で

近年話題の美容成分でもあります。

[リグロースラボ]ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント

「ツカコッコー超オススメの男女兼用育毛シャンプーはこちら」

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。