ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

よろしくお願いします。

と相手と挨拶などをして

握手をしますが、

どちらかの人はガンです

 

 

そうなのです日本では、2人に1人が

ガンになる時代になりました

 

 

しかし、

今は、ガンも早期発見により

治療による改善も見込めております。

 

 

私は、身内をガンで

3人亡くしておりますが

ガンが見つかったときは

ステージ4「末期」でした。

末期になる前に

ガンの早期発見は

絶対に見過ごさないで下さい。

 

 

又、ガンにならないようにする

予防治療もございます。

ガン治療は本人にとって

大変ツライ治療で、

費用も結構かかります。

 

 

ツライ三大療法(手術・抗ガン剤・放射線)や

保険適用外の高額な先進医療に頼ることなく、

自宅でガンに対処する“最新の食事法”がございます。

 

 

あなたもこの療法を知って、

副作用や後遺症の苦しみを緩和させ、

精神的な不安や、経済的な負担も軽減させて、

大切な人と穏やかに暮らせる

自分らしい生活を手に入れませんか!?

 

 

例え、あなたが余命宣告を受けた

末期ガン患者であったとしてもです。

今から、この療法に関する詳細を

順番にお話していきます。 もし、

今あなたが、仮に“絶望”の淵に

立たされていたとしても、

どうかご安心ください。

 

 

その絶望を大きな“希望”に変える

壮大なプログラムです。

大いに期待してこの先をお読みください。

 

 

日本人の部位別のガンの死亡率は

男性 1位 肺ガン

女性 1位 大腸ガン

 

男性 2位 胃ガン

女性 2位 肺ガン

 

男性 3位 大腸ガン

女性 3位 胃ガン

 

男性 4位 肝臓ガン

女性 4位 膵臓ガン

 

男性 5位 膵臓ガン

女性 5位 乳ガン

 

男性 6位 前立腺ガン

女性 6位 肝臓ガン

 

男性 7位 食道ガン

女性 7位 胆のう・胆管ガン

 

男性 8位 胆のう・胆管ガン

女性 8位 子宮ガン

 

男性 9位 悪性リンパ種

女性 9位 卵巣ガン

 

※「日本対ガン協会、ガンの部位別統計」より

 

 

舌ガンは、胃ガンや肺ガン、大腸ガンに比べ

あまり聞かないガンの部類になりますが、

舌ガンは女性よりも男性に多くみられる傾向にあります。

とはいいつつも、女性の舌ガンは、子宮頸ガンよりも

患者数が多くなってきております。

舌ガンは飲酒や喫煙が原因とされており、

口腔内にできるガンの5割~6割を占めております。

 

 

舌ガンは他のガンと同様に重症化すると

命にかかわることもありますが、

初期の段階でしこりができるなど

舌の見た目に変化が生じることも多く、

早期発見・早期治療がしやすいガンとしても知られています。

 

 

しかし、舌ガンの治療では舌の切除手術を行うこともあるため、

術後は後遺症が残ることも少なくありません。

そこで、今回は舌ガンの治療方法と

それによる後遺症、およびその対策についてご説明致します。

 

 

舌の働きとは

舌ガンとその後遺症について知るためには、

舌の働きについて知っておく必要があります。

ここでは、最初に舌の主な働きについて見ていきましょう。

 

 

食べ物を喉の奥に運ぶ

口の中に入れた食べ物は咀嚼によって

消化をしやすい状態にされた後、

喉の奥へ運ばれ、喉の筋肉を使って飲み込まれます。

この一連の動作のうち、舌は消化をしやすい状態になった

食べ物を喉の奥へ運ぶ部分を担っており、

この働きによって人は食べ物を飲み込むという

動作を正常に行えるようになっています。

 

 

そのため、舌を切除することなどによって

その本来の機能に支障が出てしまうと、

食べた物を喉の奥へ運ぶのが困難になってしまい、

場合によっては流動食などの飲み込みやすいものしか

食べられなくなってしまうこともあります。

また、食べたものが気管に入ってしまうことが多くなり、

肺炎などの疾患を誘発してしまうことも懸念事項のひとつといえます。

 

 

食べ物を噛む動作を補助する

特に前歯で食べ物を噛み切る際には

上下の歯の力だけだとその間にある食べ物が安定せず、

うまく噛み切れなくなってしまいます。

舌はこの際に食べ物を内側から支え、

上下の前歯で噛み切りやすくする補助の役割も担っています。

 

 

舌ガンになってしまうと舌の前方部分を

切除することもあるため、

このような咀嚼を補助することも

難しくなってしまうことがあります。

 

 

味覚を感じる

舌の機能というと食べ物の味を感じる

働きを思い浮かべるという方も多いことでしょう。

実際、このような味覚を担う機能は

舌の最も重要な働きのひとつとなっています。

 

 

舌にはその表面に味蕾(みらい)という

食べ物の味を感じるセンサーが無数にあり、

これが機能することによって人は

「甘い」「辛い」「苦い」といった食べ物の味を

感じることができるようになっています。

また、味蕾は舌以外にも上あごや頬の内側、

喉の奥などにもありますが、

その数は舌にある味蕾の比ではなく、

舌を切除してしまうと味覚にも大きな障害が生じてしまします。

 

 

また、かつては舌ではその箇所によって

感じる味が異なるという見解がされていましたが、

現在ではこれが誤りであることが分かっており、

舌の一部を切除することによって

特定の味だけが感じられなくなるということはありません。

 

 

声のコントロール

声をコントロールする発声機能は喉の奥にある声帯が担っているため、

舌は関係ないのではと考える方も多いかもしれません。

しかし、声帯から発せられた空気の振動は喉の奥や

口の中で共鳴することで声になるため、

舌が失われてしまうとこの振動のメカニズムにも変化が生じてしまいます。

舌の筋肉の発達が不十分だと活舌が悪くなるケースも見られており、

発声機能においても舌の存在が重要な役割を担っていることは明白でございます。

 

 

舌ガンの治療方法

舌ガンは大腸や肺にできるガンのように知名度が高くないため、

治療方法も特殊なのではと思われがちです。

しかし、実際に医療機関で行われている治療法は

他のガンと同様に「外科的手術(切除)」「薬物療法」「放射線治療」の

3つ療法が多くなっており、治療方法だけに関してみれば

他の種類のガンと大きな違いはないといえます。

 

 

外科的手術(切除)

舌ガンでは進行度や症状に応じて

舌を切除する外科手術によって完治を目指します。

この手術方法には主に4種類があります。

 

 

a.舌部分切除術

舌ガン治療における外科手術のうち

「舌部分切除術」は舌の一部を切除する方法で、

早期発見ができた場合はこの方法が適用されることが多くなっています。

切除手術の中でも切除範囲が最も少なく、

見た目も大きく変わることはないという特徴があります。

 

 

b.舌半切除術

「舌半切除術」は、その名のとおり舌の半分程度を切除する方法で、

ガンが若干広がってしまっている状態で適用されます。

 

 

c.舌亜全摘出術

「舌亜全摘出術」はガンが舌の半分以上の

範囲に広がってしまっている場合に適用されます。

舌の大部分を切除するため、

見た目が大きく損なわれてしまうこともあります。

 

 

d.舌全摘出術

切除手術の中でも最も切除範囲が広いのが「舌全摘出術」です。

この方法では、その名称からも分かるとおり

舌全体を摘出するため、機能面での後遺症が残ることもあります。

また、以上の舌を切除する治療法以外に頸部のリンパ節を

切除する治療方法も、舌ガン治療において有効な外科手術のひとつとして挙げられます。

 

 

薬物療法

初期の舌ガンでは上述した外科手術によって完治を図りますが、

初期の段階を過ぎてしまうと外科手術では

症状の大きな改善は見込めないことも少なくありません。

そして、このような状態になってしまった場合、

抗ガン剤を用いた薬物療法を行うこともあります。

 

 

舌ガン治療における薬物療法では、

舌ガンに栄養を送っている動脈に抗ガン剤を流し込む

「動脈内化学療法」という治療方法が多く取られるのですが、

ある程度進行してしまっている舌ガンでは、

この治療方法だけでは完治は見込めないこともあり、

後述する放射線治療とこの薬物療法を平行して行うこともあります。

 

 

放射線治療

舌ガン治療においては2種類の放射線治療を行うことがあります。

「外部照射」と呼ばれる放射線治療は

体の外側から放射線を照射する方法で、

切除手術を行った後になって、

ガンが残っていることが判明した場合などに用いられます。

また、場合によっては初期の舌ガンに対しても

この方法を適用することがあります。

 

 

一方で「組織内照射」と呼ばれる方法では、

放射線が出る線源をガンに刺し、

直接放射線を当てることによって治療を図ります。

この方法は舌ガン以外のガンに対しても行われますが、

臓器などのガンに対して行う場合は

内視鏡などを使用しなければならないのに対し、

舌ガンの場合は照射がしやすく、より有効な治療方法といえます。

 

 

免疫療法の効果は未知数

オプジーボの登場によって注目度の増した免疫療法は、

理論上舌ガンに対しても効果が望めるとされています。

しかし、現時点で免疫療法の効果は立証されておらず、

今後も注視していく価値はあるものの

上述した3つの治療方法以上の効果を

期待するには時期尚早といえるでしょう。

 

 

舌の切除具合と後遺症

特に初期の舌ガンで主要な治療方法となる舌の切除手術ですが、

この治療を行うと本来舌が担っている機能に何らかの後遺症が残る可能性があります。

切除する舌の範囲ごとに生じる可能性のある後遺症について見ていきましょう。

 

 

部分切除

ごく初期の舌ガンで、ガンがあまり広がっていない状態で

行われる部分切除では舌が若干変形してしまうことがあります。

しかし、この状態だと機能面で障害が生じる可能性は非常に少なく、

術後はそのままでも発声や食事が問題なく行えることが多くあります。

ただし、一部が欠けた状態の舌の見た目が気になる場合は

「再建手術」を行うことで改善が図れるため、

医師に相談してみるとよいでしょう。

 

 

舌半切除

舌ガンではごく初期の段階でもガンが

舌の半分近くにまで広がってしまっていることもあります。

この状態でも切除手術を行うことは可能ですが、

舌の半分以上を欠損することとなってしまうため

見た目は大きく損なわれてしまいます。

このような半切除を行った場合でも

再建を行うことは可能であるため、

見た目だけでなく発声や食事における機能面での

障害も日常生活に支障をきたさないレベルにまで改善することができます。

 

 

舌半分以上切除

ガンが舌の半分以上に広がってしまっている場合、

舌亜全摘出術によって舌の半分以上を切除することもあります。

切除した後の欠損部分は再建をすることによって

見た目を改善することが可能ですが、

物を飲み込む機能や発声機能には障害が残る可能性があります。

また、物を飲み込む機能が損なわれてしまうと

気管に食べ物が入りやすくなってしまうため、

手術後は十分な時間をかけてゆっくりと食事をする必要があります。

その一方で味蕾は舌の残った部分や口の中の

その他の部分にもあることから、

再建手術を行わなかったとしても

味覚が完全に損なわれてしまうことはありません。

 

 

舌全切除

ガンが舌の全体に広がってしまっている状態では、

舌全摘出術によって舌全体を切除することとなります。

この場合も舌を再建することは可能ですが、

物を飲み込む機能や発声機能には高い確率で後遺症が残ってしまいます。

また、再建を行った後も食事を行うためのリハビリは不可欠となり、

しばらくの間は口からの食事を避け鼻からチューブで点滴を行うこととなります。

全切除をした場合でも味覚は残るので、

再び食事を楽しめるようになることを

目標としてリハビリに励むのがよいと思います。

 

 

舌ガン治療後の後遺症への対策

舌ガン治療に伴って生じる後遺症の度合いには個人差があります。

しかし、舌そのものの切除を行った場合、何らかの形で後遺症が残る可能性は高いため、

後遺症への対策として何が有効なのかということは手術前から把握しておく必要があります。

 

 

リハビリでは言語聴覚士のサポート受けるのが有効

上述のとおり舌を半分以上切除する舌ガンの治療では、

舌の再建手術を行ったとしても発声に大きな障害が残ることがあります。

発声機能に関するリハビリの専門家である「言語聴覚士」は、

このような舌の切除手術後に行うリハビリ方法の指導を行ってくれるため、

そのサポートを受けることで発声障害の改善を図ることができます。

このことから、日常生活に支障が出るほどの発声障害が残ってしまった場合は、

主治医と相談して言語聴覚士を紹介してもらうのがよいでしょう。

 

 

食事に関するリハビリも言語聴覚士がサポートしてくれる

舌ガンの後遺症としては物を飲み込むといった

食事に関する機能に生じる障害も多いという特徴があります。

舌の切除手術後は流動食や半固形物などを食べながら

徐々にこの機能を回復させることが可能ですが、

後遺症が重い場合これら以外にもリハビリが必要になるケースがあります。

言語聴覚士は発声機能に関するものだけでなく、

このような食事に関する機能のリハビリもサポートしてくれるため、

リハビリ時には同様に主治医に相談し、紹介をしてもらうといいですね。

 

 

痛みが強い場合は鎮痛剤を使用するのも有効

舌ガン治療の中でも頸部のリンパ節を切除する手術では

手術後に強い痛みが残ることがあります。

中でも手術後のリハビリを行えないほどの

強い痛みが長期間残る場合は、主治医と相談の上、鎮痛剤を使用するのも有効です。

また、強い痛みを伴う後遺症に関しては

「ペインクリニック」を受診することでも改善が見込める場合があります。

 

 

整骨院や整体院の利用は注意が必要

舌ガン手術を行うと首や肩に痛みやこりが残り、

整骨院や整体院でほぐしてもらおうとする方も少なくありません。

しかし、舌ガン手術後は患部周辺を中心に触ってはいけない箇所があり、

特に大きな血管を指圧してしまうと

別の障害が生じてしまうことがあるため注意が必要です。

このことから、首や肩の痛みやこりが気になるという場合は、

リハビリ科を受診し適切な治療を受けるのがよいと思います。

 

 

まとめ

舌ガンは初期の段階で違和感が生じることが多いため、

他の部位に生じるガンに比べると早期発見・早期治療がしやすく、

命にかかわるほどにまで進行してしまうことは決して多くはありません。

どんなガンでも早期発見は重要ですが、

舌ガンは、早期発見ならほぼ9割の確率で治療が可能であり、

予後の障害も最小限に抑えられます。

 

 

しかし、切除治療を行うと舌の形が変わってしまい、

あるいは発声や物を飲み込む機能に後遺症が

残ってしまうことは多いため、治療に臨む際には

これらの後遺症を最小限に止める方法も考えるべきだといえます。

そのためには治療方法の決定時と同様に

主治医とよく相談をすることが重要となります。

 

 

ただし、舌ガンは症状が現れにくく、口内炎との見分けも難しいため

早期発見が難しいのが舌ガンの特徴でもあります。

 

 

それだけに定期検診は重要になりますし、

異変を感じた場合には専門医に診てもらうよう心掛けるべきです。

また、他のガンに比べると、舌ガンの経験を積んだ医師が少ないため、

誤診の可能性が高いと言われます。

 

 

舌ガンと診断されたり、その可能性がある場合は、

ためらうことなく、セカンドオピニオンを是非とも活用しましょう。

 

 

 

「今すぐガン対策を行う!1ケ月でガン細胞を死滅させる方法」

(インフォカート版)

 

 

「今すぐガン対策を行う!1ケ月でガン細胞を死滅させる方法」

(インフォトップ版)

 

 

 

ほんの少しだけ、実際の患者さんの症例をご紹介します

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

乳ガンの患者さんのケース

 

卵巣ガンの患者さんのケース

 

膵臓ガンの患者さんのケース

 

 

 

「今すぐガン対策を行い1ケ月でガン細胞を死滅させる方法」

(インフォカート版)

 

 

「ガン対策を行いたった1ケ月でガン細胞を死滅させる方法」

(インフォトップ版)

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。