ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

よろしくお願いします。

と相手と挨拶などをして

握手をしますが、

どちらかの人はガンです

 

 

そうなのです日本では、2人に1人が

ガンになる時代になりました。

 

 

しかし、

今は、ガンも早期発見により

治療による改善も見込めております。

 

 

私は、身内をガンで

3人亡くしておりますが

ガンが見つかったときは

ステージ4「末期」でした。

末期になる前に

ガンの早期発見

絶対に見過ごさないで下さい

 

 

又、ガンにならないようにする

予防治療もございます。

ガン治療は本人にとって

大変ツライ治療で、

費用も結構かかります。

 

 

ツライ三大療法(手術・抗ガン剤・放射線)や

保険適用外の高額な先進医療に頼ることなく、

自宅でガンに対処する“最新の食事法”がございます。

 

 

あなたもこの療法を知って、

副作用や後遺症の苦しみを緩和させ、

精神的な不安や、経済的な負担も軽減させて、

大切な人と穏やかに暮らせる

自分らしい生活を手に入れませんか!?

 

 

例え、あなたが余命宣告を受けた

末期ガン患者であったとしてもです。

今から、この療法に関する詳細を

順番にお話していきます。 もし、

今あなたが、仮に“絶望”の淵に

立たされていたとしても、

どうかご安心ください。

 

 

その絶望を大きな“希望”に変える

壮大なプログラムです。

大いに期待してこの先をお読みください。

 

 

日本人の部位別のガンの死亡率は

男性 1位 肺ガン

女性 1位 大腸ガン

 

男性 2位 胃ガン

女性 2位 肺ガン

 

男性 3位 大腸ガン

女性 3位 胃ガン

 

男性 4位 肝臓ガン

女性 4位 膵臓ガン

 

男性 5位 膵臓ガン

女性 5位 乳ガン

 

男性 6位 前立腺ガン

女性 6位 肝臓ガン

 

男性 7位 食道ガン

女性 7位 胆のう・胆管ガン

 

男性 8位 胆のう・胆管ガン

女性 8位 子宮ガン

 

男性 9位 悪性リンパ種

女性 9位 卵巣ガン

 

※「日本対ガン協会、ガンの部位別統計」より

 

死亡率が高く、

知名度も高い肺ガンや胃ガン、

大腸ガンなどに比べると

「胆管ガン」は

あまり知られていないかもしれません。

 

 

しかし、

この胆管ガンは検査で見つかってから

死亡するまでが早いという特徴があり、

(要するにガンが見つかったら手遅れで亡くなる人が多いです)

他のガンとは若干異なるタイプのものである

という認識が必要でございます。

 

 

今回は、そんな胆管ガンに関して、

ガンが見つかってから死亡するまでの早い理由や、

主な症状、実際に行われている治療法、

生じる可能性のある副作用についてご紹介致します。

 

 

胆管ガンが死因になる理由

そもそも胆管は、肝臓と十二指腸の間にあり、

その内部には肝臓で生成された消化液である胆汁が通っています

 

 

このことから、胆管とは「胆汁のとおり道」

であるという認識をしておくと胆管ガンについても

理解がしやすくなるでしょう。

 

 

この胆管という器官は、それ自体が非常に小さく、

その大部分が肝臓と十二指腸の内部にあるという特徴もあります。

そのため、この器官に生じる異常は非常に見つけにくくて、

異常が生じていることが分かった頃には

重症化してしまっているというケースも少なくありません。

 

 

このことから胆管に生じるガンも見つけにくいため、

後述する黄疸や便の色の異常などの

胆管ガンの症状が現れるころには

既にガンそのものが進行してしまっている

というケースも少なくありません。

 

 

また、胆管ガンに関しては

検査による発見が難しく、

例えば採血による腫瘍マーカーや

超音波検査、

PET検査を行っても、

初期の段階ではその発見が

非常に難しくなっています。

 

 

そのため、胆管ガンは

症状が現れて内視鏡検査を行って

初めて発見されるケースが多く、

その頃には既に初期の段階を過ぎており、

いくつかの治療法は施せない状態になっている

というケースも珍しくありません。

 

 

以上のことは、胆管ガンが発見から死に至るまでの

スピードが速く、死因になりやすい原因のひとつといえます。

日本では胆管ガンの患者は決して珍しくはないものの、

海外ではその患者数にバラツキがございます。

 

 

特に欧米では日本より胆管ガンの患者数が少なく、

日本ほど知られていない、ガンのひとつとなっています。

一方、アジア諸国では日本と同様に胆管ガンの

患者数は決して少なくはなく、日本と同じように

死に至る可能性の高いガンの一種として広く認知されております。

 

 

国あるいは地域ごとの胆管ガン患者数の違いから、

その治療法に関する研究への力の入れられ方に差が生じており、

日本をはじめとしたアジアでの胆管ガンの治療に関する研究に比べて、

欧米での胆管ガンの治療に関する研究は規模が小さくなっています。

 

 

このことから胆管ガンが死に至りやすい理由としては、

治療法に関する研究が世界的な規模で

十分に行われているとは

いえないという点も挙げられるでしょう。

 

 

また、日本をはじめとしたアジアにおける

胆管ガンの研究も大きく進んでいる

といえる状況にはないことから、

現時点でもはっきりとした治療法が確立されていない

という点も胆管ガンの治療が難しく、

死に至りやすい理由となっています。

 

 

因みに日本での胆管ガンによる死亡者数は

すべてのガンにおいて、

肺、大腸、胃、膵臓、肝臓に続く

6番目に多い人数となっており、

研究が進むことだけでなく、

今以上に広く認識される必要のある

がんのひとつとして挙げられます。

 

 

胆管がんの症状

検査で見つけにくい胆管ガンは、

その症状にいち早く気付くことが

治療においては非常に重要です。

そのためにも以下の基本的な症状は

覚えておいて下さい。

 

 

黄疸

胆管ガンの症状の中でも比較的初期の

段階から現れるひとつが黄疸です。

この症状は、ガンが発生したことによって

胆管内が狭くなってしまい、

胆汁の流れが悪くなることによって生じます。

 

 

具体的には血液中のビリルビン濃度が

高くなることで現れる皮膚や

目の白い部分の黄ばみが黄疸の症状であり、

これらが目立つようになったら

胆管ガンであることを疑い、

検査を受けるようにしましょう。

また、黄疸が出るようになると

それと同時に強いかゆみを

感じるようになることもあります。

 

 

便の色の異常な変化

胆管ガンになることで

胆汁が腸に流れてこなくなると

便は白っぽいクリーム色になります。

この症状も胆管ガンの比較的早い段階で

現れることが多く、また、黄疸に比べると

その症状にも気づきやすいことから、

胆管がんを疑うきっかけのひとつになります。

 

 

尿の変色

胆管ガンにかかると、血液中でビリルビン

という物質の濃度が高くなり、

ビリルビンは尿といっしょに体外へ排出されます。

これにより尿は茶色く変色することから、

この症状もまた胆管ガンを

見極める基準のひとつとなります。

 

 

腹痛

胆管を通る胆汁は消化液の一種であることから、

胆管ガンになり胆汁が腸に流れてこなくなると

食べたものをうまく消化できない状態になってしまいます。

これにより腹痛を感じることは多く、

このこともまた胆管ガンの症状の

ひとつとして覚えておくとよいでしょう。

ちなみに胆管ガンによる腹痛は

みぞおちや右脇腹に

生じやすいという特徴があります。

 

 

発熱

体内で炎症が生じると発熱という症状となり、

体外からも確認できるようになります。

胆管ガンのような消化機能にかかわる疾患では、

このような発熱の原因となる炎症を

引き起こすことが多いことから、

発熱もまた胆管ガンの典型的な症状のひとつといえます。

 

 

倦怠感

胆汁が腸に行き届かなくなることによって生じる消化不良は、

体のさまざまな器官の働きに影響を及ぼし、

免疫力の低下などを引き起こすこともあります。

これにより体力が衰退すると著しい倦怠感を

感じるようになるので、このような倦怠感も

また胆管ガンの症状のひとつといえるでしょう。

 

 

食欲不振

食べたものの消化がうまく行えない状態が続くと、

体は食べ物を受け入れないようになり、

食欲不振という症状として現れます。

胆管ガンが消化機能に影響を

及ぼすことから起こる症状です。

 

 

体重の減少

食べ物の消化がうまく行えないと

十分な栄養を摂取できなくなってしまいます。

胆管ガンになるとこの状態が

長期間にわたって続いてしまいますから、

体重は著しく減少してしまいます。

 

 

激しい痛み

末期の胆管ガンでは他の器官の

働きにも大きな影響が及ぶようになります。

このことから、腹部だけでなく

体のいたるところで

激しい痛みを感じるようになることも

胆管ガンの症状のひとつといえます。

 

 

胆管がんが見つかったあとの治療

胆管ガンが見つかってしまったとしても

適切な治療を受ければ完治させることは可能です。

具体的な治療法としては以下のものが挙げられ、

医師と相談の上、症状やステージに

あったものを選択するようにしましょう。

 

 

切除

特に初期の胆管がんでは切除による根治が可能です。

ただし、胆管は大部分が肝臓の内部にあることから、

胆管だけを切除することは難しく、

肝臓の一部と共に胆管を切除することとなります。

 

 

よって、切除する肝臓の量によっては術後に

肝不全を起こしてしまうこともあるため、

切除手術を行う前に残す側の肝臓を大きくする

「術前門脈塞栓術」という手術を行う場合があります。

 

 

化学療法

患者に手術に耐えるだけの体力がない場合や、

手術により全てのガンを取り除くことが

難しい場合は、切除による胆管ガンの

治療が不可能と判断されることもあります。

 

 

この場合、化学療法による根治を目指すこととなります。

化学療法とは抗ガン剤を使用する治療法で、

胆管ガンに関してはゲムシタビンとシスプラチンという

2種類の薬物を使用した併用療法を行うのが標準療法とされています。

 

 

この化学療法では、週1回、3時間程度の点滴を

第1週と第2週に行い、第3週を休薬として

3週間にわたる治療を1セットと考えて、

症状の改善具合などを見ながら

セット数の調整を行うのです。

 

 

また、この治療は症状の重さにもより

入院をせずに行うこともでき、

人によっては働きながら

この治療を受けるという

ケースもございます。

 

 

放射線治療

胆管ガンでは手術が不可能と判断されると

放射線治療を推奨されることもあります。

この治療には、体の外側から少ない量の放射線を

数回にわたって照射する外部照射法と、

胆管内に細いチューブを通し、

その内部からラジウムやイリジウムの針を

使用した放射線の照射を行う腔内照射法があり、

医師の判断で適切な処置がとられます。

 

 

しかし放射線治療はまだ有効性について

十分な確認がとられておらず、

標準的な治療には指定されていません。

 

 

このことから、根治の見込みがある段階では

有効性が確認されている化学療法が優先されることが多くて、

放射線治療は痛みを緩和するといった

目的のもと行われることが多いということもあります。

 

 

免疫療法には注意が必要です

ガンの治療法としては体本来の免疫力を

高めることによって根治を目指す

「免疫療法」への注目も高まっております。

そのため、胆管ガンの治療として免疫療法を

選択肢のひとつとして考えている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし、現時点で免疫療法による改善効果が

見込めるガンは限られており、

残念ながら胆管ガンはその中に含まれておりません。

また、免疫療法は効果に関する有効な確証が

ないだけでなく、それを行うことで副作用が

生じると化学療法ができなくなってしまうこともあるため、

少なくとも胆管ガンの治療においては有効ではないと

認識しておく必要があります。

 

 

胆管がん治療の副作用

胆管ガン治療の合併症も含めた

副作用には以下のものがあります。

治療を行った後はこれらの副作用が生じる

可能性があるということを知っておくと、

治療後に適切な処置を受けることができて

精神的な負担も軽減することができます。

 

 

激しい痛み

胆管ガンの切除手術では

肝臓の3分の1程を取り除くこともあり、

術後しばらくの間は激しい痛みが生じます。

また、このような痛みは体の内部だけでなく、

皮膚の切除した部分で生じることもあります。

 

 

腹膜炎

胆管の切除手術を行うと、

切除した部分から胆汁が漏れ出すことがあります。

これによって引き起こされる腹膜炎もまた、

胆管ガン治療の

副作用のひとつとして挙げられております。

 

 

出血や感染症

胆管の切除手術を行った後は胆汁だけでなく

膵液が漏れ出してしまうこともあります。

これにより周辺の器官では出血や感染症を

引き起こしてしまうことがあり、

これらもまた胆管ガンの治療で

気をつけなければならない

副作用として挙げられております。

 

 

吐き気、腹痛

「膵頭十二指腸切除術」という手術を行った場合は、

手術で縫い合わせた部分が狭くなることがあり、

食べ物のとおりが悪くなってしまうケースが見られます。

これによって消化器官の働きに異常が生じると、

吐き気や腹痛が副作用として生じることがあります。

また、吐き気や腹痛といった副作用は、

ゲムシタビンとシスプラチンを併用する

化学療法や放射線治療でも生じることがございます。

 

 

骨髄抑制

化学療法を行うと「骨髄抑制」

という副作用が生じることもあります。

この副作用は骨髄の働きが低下することで

引き起こされ、白血球・赤血球・血小板の

減少や貧血などの症状が現れやすくなります。

 

 

消化管での潰瘍、出血

放射線治療を行うと、放射線の影響により

胆管の近くにある消化管で潰瘍や

出血といった副作用が生じます。

これらの症状は治療後すぐに現れるのではなく、

ある程度時間が経過してから現れるため、

経過観察は入念に行う必要がございます。

 

 

胆管の閉塞

胆管ガンにおける放射線治療では、

副作用として胆管内での閉塞という

症状が現れることもあります。

閉塞とは何らかの原因によってその器官の

内部がつまってしまう状態のことを呼び、

胆管では胆汁が流れなくなるといった不具合が生じます。

 

 

血管での閉塞、出血

放射線治療による閉塞や出血は

血管内でも生じることがあり、

これらもまた胆管ガン治療による

副作用として挙げられます。

 

 

まとめ

胆管ガンは早期での発見がしづらく、

内視鏡検査などによって発見された場合は

既にある程度進行してしまっていることを

覚悟しておいた方がいいです。

 

 

しかし、適切な治療を行えば

根治させることは十分に可能であり、

必ずしも悲観的になる必要はありません。

 

 

また、長期間にわたって胆管ガンの治療を受ける上では、

体力だけでなくしっかりとした心構えも必要であり、

そのためには治療法やそれによって生じる

可能性のある副作用などに関する知識を

事前に得ておくことも重要です。

 

 

 

 

 

「ガンを自宅の食事でなおす方法はこちら」

 

 

 

「今すぐガン対策を行い1ケ月でガン細胞を死滅させる食事法はこちら」

 

 

 

「ガン対策を行いたった1ケ月でガン細胞を死滅させる方法はこちら」

 

 

 

 

ほんの少しだけ、実際の患者さんの症例をご紹介します。

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

大腸ガンの患者さんのケース

 

乳ガンの患者さんのケース

 

卵巣ガンの患者さんのケース

 

膵臓ガンの患者さんのケース

 

 

 

「ガンを自宅の食事でなおす方法はこちら」

 

 

 

「今すぐガン対策を行い1ケ月でガン細胞を死滅させる食事法はこちら」

 

 

 

「ガン対策を行いたった1ケ月でガン細胞を死滅させる方法はこちら」

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。