はげない方法3つ、育毛剤、発毛剤、生活習慣の改善

はげない方法3選、育毛剤、発毛剤、生活習慣の改善 毛があちらこちらから出た 育毛 育毛、発毛、植毛の治療方法とは 育毛剤、ジェネリック価格比較 AGA治療とは

 

ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

 

はげない方法3つ、育毛剤、発毛剤、生活習慣の改善

 

はげないためには早めに手を打つのがとても大事です。

今回はどうしてもはげたくないという方の為に

はげない方法をご紹介します。

育毛剤、発毛剤、はげないための生活習慣の改善など、

ぜひ参考にしてみて下さい。

はげたくない...男性の永遠の想いですよね
はげたくない、男性の永遠のおもいですよね
誰もが持つ悩みといえば、はげ・薄毛への不安。

 

「家族にはげている人がいる」

「最近、なんだか薄くなってきた」

このように感じている方々は余計に心配ですよね。

 

 

 

【自己判定】まずは自分の髪の状態を把握しよう!

はげない方法を知る前に、

御自身の髪の状態や薄毛の原因によって

対策が異なることをご存知でしょうか?

 

 

間違った方法を試していても、薄毛の対策には全くなりません。

 

 

はげないためにできる3つのこと

1.育毛活動を行う

2.発毛活動を行う

3.予防活動を行う

 

 

はげない方法1 育毛活動を行う

育毛活動とは、医薬部外品の『育毛剤』を使う方法になります。

 

 

育毛剤とは、育毛、発毛促進、脱毛・抜け毛の予防、

フケ・かゆみの抑制といった

効果が認められている商品のことです。

今ある髪の毛を丈夫に育たり、抜け毛の量を減らしたり、

頭皮環境を改善することが期待できます。

様々な製法の商品があり、

人体への副作用が緩和なので、

気軽に始められるのもポイントです。

 

 

男性向けおすすめ育毛剤

 

はげない方法2 発毛活動を行う

発毛活動とは、具体的に『発毛剤』を使っていく方法になります。

 

 

発毛剤は、薬局などの市販で買える医薬品と、

病院やクリニックなどで処方される治療薬の2つが存在します。

 

 

育毛剤との違いとして、男性型脱毛症に効果が認められていること。

そして、副作用のリスクを正しく理解し、

用法用量や注意点をしっかり守る必要性がございます。

そのため、育毛剤では満足できなかった場合には、

発毛剤に買い換えるといったことになるかと思います。

 

 

 

1.市販で買える発毛剤

「あまり人には相談したくない、知られたくない」

という方は、市販で薬局などで購入できる「発毛剤」がオススメです。

 

2.クリニックなどで処方される発毛剤

AGA治療を行うクリニックなどで処方される発毛剤の種類は様々ございます。

プロペシア

ザガーロ などが代表的な治療薬です。

効能については、後程説明致します。

 

 

金額面

AGA治療は長期に渡ることが特徴ですが、

その一方でAGAは生命を脅かす病気ではありません。

このため厚生労働省によると、健康保健を使用して

治療が必要な病気とは認められていないため、

治療費は保健適用外となります。

 

 

月に約20,000円程度の金額も必要となります。

圧倒的に、市販されている育毛剤や発毛剤より

かなり割高になります。

年間約240,000円かかります。

 

 

但し、これは市販の育毛剤を使用したときと

AGA治療の費用での効果の差を考えると

一概には、何とも言えない部分もあります。

 

 

AGA治療では病院で薬を処方してもらい

治療をしていくということになりますが

病院で処方されるからといって

必ずしも安全とは限りません。

 

 

薬には副作用がつきものですから

副作用には、滅多にあわないと思われてる方もおりますが、

人それぞれ、症状が違いますから、副作用の可能性がある薬を

使用するということは、ある意味デメリットだと言えるのです。

 

 

まずは、医師や専門家に診断してもらい

自分にあった用法容量が自覚出来たなら

安い通販で育毛剤を購入するのもありだと思います

 

 

但し、海外の通販サイトで商品を購入し

服用されても、こちらの方もAGA治療の薬と同様で、

副作用が出る場合があります。

身体の具合が悪くなっても、自己責任になりますので

安全に、育毛を実践されるなら

医師や専門家と面談しながらの

AGA治療が、オススメですね。

 

 

但し、AGA治療は、約20,000円/月

費用がかかるので、継続しておこなうのは

結構なお金が必要となります。

 

 

プロペシア

プロペシアは抜け毛を予防する効果があります。

プロペシアは抜け毛を予防する効果があります。

プロペシアはAGA治療薬として有名な医薬品です。

アメリカのメルク社が開発した薬ですが、

現在はメルク社の日本法人が

厚生労働省の認可を取得して販売しています。

 

 

国から認可を受けた飲むAGA治療薬

プロペシアは国から認可を受けた飲むAGA治療薬なのです。

 

 

AGAは、別名男性型脱毛症と呼ばれ、

男性ホルモンが体内にある酵素と結合して

活性化することで抜け毛が進行していきます。

これは活性化した男性ホルモンが毛根の成長を

とめてしまうので、髪が十分に成長できずに

抜けてしまうためです。

 

 

プロペシアには、この活性化した男性ホルモンの生成を

抑制する効果が期待できるため、

毛根を守り、抜け毛を予防する効果が期待できるのです。

 

 

フィンペシア「フィナロイド」

フィンペシア「フィナロイド」はプロペシアのジェネリック医薬品です。

フィンペシア「フィナロイド」は、プロペシアの主成分である

フィナステリドが含まれたインドのシプラ社による医薬品です。

インターネット上でフィンペシア「フィナロイド」

プロペシアのジェネリック医薬品という紹介を

見かけることがありますが、正確には正しくありません。

 

 

なぜならジェネリック医薬品とは、

特許の申請が認可されない限り

製造することが認められていないためです。

 

 

プロペシアの特許権は現在も、

アメリカのメルク社が所有していることになります。

ではなぜジェネリック医薬品でもないのに、

フィンペシアは登場したのでしょうか?

 

 

実はインドでは特許権に関するインフラが

整っていないことが現状として挙げられます。

このためインドでは、海外で特許が取得されている

特許が切れる前から、自由に医薬品をコピーして製造が行なわれているのです。

 

 

このためフィンペシア「フィナロイド」は、

インターネット上の個人輸入や輸入代行サイトから

安価な価格で購入できるのがメリットがございます

国で認可されたプロペシアが育毛クリニックなど病院で

医師に処方してもらう必要がある一方、

フィンペシア「フィナロイド」

個人の責任で自由に購入することができるのです。

 

 

ザガーロ

ザガーロも国内で認可されたAGA治療薬です。

ザガーロも国内で認可されたAGA治療薬です。

ザガーロはグラクソ・スミスクライン社から

2016年6月に発売されたばかりのAGA治療薬です。

 

 

プロペシアに続いて日本国内で承認・販売された、

AGAの内服治療薬として注目を集めています。

ザガーロの主成分はデュタステリドで、

抜け毛の原因となる5a―還元酵素の働きを阻害する効果と、

発毛を促す効果があります。

 

[ザガーロ/アボルブジェネリック]デュタス(Dutas)0.5mg
「ザガーロの成分デュタステリド配合」

 

実は、主成分がフィナステリドのプロペシアなどと比較して、

ザガーロの方がより強い効果が期待できるのです。

そのため、個人差はありますがプロペシアより

強い副作用が出る可能性がありますから、

注意して使用する必要がございます。

 

 

「ミノキシジル」

「ミノキシジル」は発毛効果が期待できるAGA治療薬です。

「ミノキシジル」はアメリカのファイザー社に

よって開発された有効成分です。

発毛効果が期待できます

 

 

本来は、高血圧の患者の治療薬として開発されたため、

副作用として血圧の低下や皮膚の炎症やむくみ、

かゆみを伴う場合があります。

 

 

このような副作用やリスクを考慮して、

日本で認可されているのは、ミノキシジル外用薬だけでございます

 

 

ミノキシジル外用薬として良く知られているのは、

ミノキシジルが5%配合されているリアップがあります。

 

 

このような日本の背景がある一方で、アメリカなど海外ではすでに、

「ミノキシジル」の内服薬が治療に用いられています。

 

 

このミノキシジルの内服薬が「ミノキシジルタブレット」です。

有効成分のミノキシジルを服用することで、

頭皮に塗布するよりも有効成分が届きやすくなるのです

ミノキシジルタブレットは、一部のAGAクリニックまたは、

個人輸入サイトなどで入手することが可能です。

 

 

ロゲイン

ロゲインはミノキシジルが主成分の塗るタイプのAGA治療薬です。

ロゲインはミノキシジルを主成分とした、

頭皮に直接塗るタイプのAGA治療薬です。

「ロゲインと同等のリグロースラボM15ミノキシジルはこちら」

 

 

現在のファイザー製薬から1980年代にアメリカで発売されましたが、

日本国内では今のところ未承認の薬です。

 

 

日本では、同様のAGA治療薬としてリアップがあり、

ミノキシジルと同濃度ですので効果もほぼ同じです。

価格は、リアップよりロゲインの方が3倍ほど安価ではありますが、

並行輸入で購入しなければいけません。

 

 

また、リアップは日本国内で承認されたAGA治療薬ですので、

何らかの副作用があった際には、保険適応で治療できます。

ですが、ロゲインは未承認薬ですので、副作用があった際には

自己負担での治療になりますから

自己責任において、使用しなければいけません。

 

 

 

主成分はAGA治療薬と同様で、費用を抑えるにはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「AGA治療のメリットのみを活用する方法」

 

 

ツカコッコーの育毛のやり方や秘訣がご覧になれますよ。

 

 

(ザガーロはM字ハゲ、つむじハゲ、どんなハゲにも威力を発揮するみたいですよ)

 

まずはできることから...!という方はこちら
はげないための生活習慣の改善についてはこちらに
詳しく記載してありますので、こちらをご覧ください。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

「AGA治療のメリットのみを活用するにはこちら」

 

 

 

Regrowth Labs(リグロースラボ)の

『ケトコロストシャンプー』と『コロストラムトリートメント』は

ともに有用成分「コロストラムミルク」を配合した

オールラウンドスカルプケアプロダクトです。

 

コロストラムミルクは、天然の免疫ミルクとも呼ばれる

乳腺から分泌される初乳のことです。

含有されている豊富な栄養素や

グロースファクター(成長因子)が

毛髪の成長をサポートします。

 

 

真菌や細菌から頭皮を防御するのにも有用な成分です。

加えて、コロストラムミルクには傷ついた頭皮の

修復を手助けする働きもあるため

乾燥や炎症などでダメージを受けた

頭皮をやさしくケアすることができます。

 

 

一部の美容外科・皮膚科のドクターズサプリに

配合されるなど、美意識の高い女性の間で

近年話題の美容成分でもあります。

[リグロースラボ]ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント

「ツカコッコー超オススメの男女兼用育毛シャンプーはこちら」

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ