薄毛の方必見!ハゲないための予防は可能ハゲないようにする7つの習慣

ハゲないための予防は可能 毛があちらこちらから出た 毛髪再生治療 AGA治療とは AGEと薄毛の関係とは

 

ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

 

※この記事は約7分で読めます。

 

 

ハゲないための予防は可能

 

「まだハゲてないから大丈夫!」という方も!

「ちょっと薄くなってきた!?」

と気になってきた方々も必見です。

ハゲの予防は可能なのでございます。

 

 

「最近、抜け毛が増えてきた」

「髪が薄くなり始めた」

将来、完全なハゲになってしまう前に、

何か予防方法はないだろうか?

そんな悩みにお応えするため、

今回、ハゲの予防方法を

7つ程ご紹介致します。

 

 

普段の生活習慣をほんの少し変えることで、

5年後、10年後のハゲを予防できる可能性は

大きく変わってまいります。

まずは、ハゲになってしまう原因から確認していきましょう。

 

 

乱れた生活習慣

生活習慣の乱れは、ハゲ、薄毛の原因になります。

裏を返せば、生活を正せば、ハゲ、薄毛を「予防」できます。

生活習慣の乱れの代表例は偏食、不規則な睡眠、ストレス、運動不足など

これらは栄養不足や、頭皮への血行不良を起こし、髪の毛の成長を妨げます。

 

 

 

 

ハゲないための予防7つの習慣

1. 偏食をしない

好きな物ばかり食べて、栄養が偏ってしまうことは

ハゲになる原因のひとつであります。

髪の毛の形成に必要とされる栄養素は

次の3つです。

タンパク質

亜鉛

ビタミン(特にB群・C群)

 

 

れらが不足すると髪の正常な生育が、妨げられる原因になります。

但し、過剰な摂取は逆に、体の健康そのものに良くありません。

タンパク質、亜鉛、ビタミンB群・C群の3つが不足しないよう、

バランスの良い食事を意識してください。

ジャンクフードなどは、けして食べないように

注意して下さい。

 

 

 

2. 睡眠をよくとる

睡眠をよくとることもハゲ予防の方法です。

髪は寝ている間に成長すると言われております。

睡眠時間が短かったり、熟睡できなかったりすると

髪を育てる成長ホルモンが正常に分泌されません

 

 

7時間以上の深い睡眠を確保致しましょう

 

 

睡眠不足を妨げる具体的な例として、

次の2点が挙げられます。

 

 

1.就寝前のスマホやパソコンはひかえた方がいいです。

スマホやパソコンの画面のブルーライトは睡眠を妨げる原因でございます。

 

 

2.就寝する2~3時間前には、入浴を済ませた方がいいです。

布団にはいる2~3時間前に入浴すると体が温まります。

その後クールダウンすることで、

寝つきが良くなるのでオススメです。

 

 

 

3. 有酸素運動を行う

有酸素運動をすることも、ハゲの予防につながります。

有酸素運動は、血液を速やかに送る作用がございます。

心臓の躍動を速めて、血行を促進させていきます。

かといって、激しい運動をする必要はございません。

オススメは、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどでございます。

 

 

それさえできないという方は

生活の中で次のような動作をとりいれましょう。

 

 

通勤や帰宅時に、ひと駅分だけ歩いてみる。

エレベーターやエスカレーターを使用しないで階段を使う。

休日だけでも、ウォーキングやジョギングをする。

このように、意識して体を動かすようにしてみましょう。

 

 

 

4. シャンプーと洗髪方法の見直し

間違ったヘアケアは、頭皮にダメージが蓄積して、

頭皮環境を悪化させていきます。

 

 

具体的には、頭皮に合わないシャンプーや、

間違った洗髪のやり方をしている。

特に、ワックスやカラーリングなど、

髪や頭皮に負担となる整髪料や

スタイリング剤を使われる方は注意が必要です。

 

 

自分に合ったシャンプーを選ぶことも、大事なハゲ予防です。

シャンプーには、「スカルプケア」や「頭皮に優しく使える」

とうたっているものも、多く出回ってますね。

でも、大事なのはそのシャンプーが

本当に自分の頭皮にあっているのかという点です。

 

 

オススメのシャンプーは、

有害化学物質を不使用で、無添加、

ノンアルコール、ノンシリコン、の

シャンプーであれば使用しても

問題ないと思われます。

 

 

自分の頭皮にあうシャンプーが決まったら、

次は洗髪方法を、見直していきましょう。

洗髪とは、単に髪だけでなく、

頭皮もしっかり洗って清潔に保つことこそが

ポイントとなります。

 

 

正しい洗髪の手順は以下の通り。

ぬるま湯だけで3~5分、素洗いをする。

手のひらでシャンプーを泡だてる。

爪をたてず、指の腹で頭皮をやさしくマッサージをするように洗髪する。

その後、髪の毛の根元や頭皮からしっかりと洗い、すすぎ流す。

 

 

 

5. ホルモンの影響

 

 

6. ストレスをためこまないこと

日常的に強いストレスにさらされると、

交感神経が常に優位となって血管が収縮し、

血行不良を招いてしまいます。

頭皮の血流が悪化すれば髪に栄養が行き渡らなくなり、

正常な成長ができずに、薄毛や抜け毛、ハゲにつながる

リスクが増えてしまうのです。

 

 

このストレス、多かれ少なかれ誰もが抱えており、

原因も様々でございます。

したがって、一概にストレスケアと言っても、

人によって、多種多様で異なります。

とはいえ、余暇を使って趣味やリラックスをして

ストレスを発散させて

可能な限りストレスをため込まないようにするのは、

誰にとっても有効な対策でございます。

 

 

 

 

7. お酒・タバコをひかえる

お酒やタバコをひかえることもハゲ予防のひとつです。

タバコに含まれるニコチンは、

血管を収縮させ、頭皮の血行不良を招きます。

また、ニコチンは頭皮の健康維持や髪の生成を補う

ビタミンを破壊するともいわれています。

 

 

但し、無理やりすぐに禁煙しようとすると、

それが自体が逆にストレスになり、

薄毛につながるかもしれないので、

少しずつ本数を減らしていき、

最終的に禁煙致しましょう。

 

 

お酒に関しては、アルコールを肝臓で分解するとき、

タンパク質、ビタミンなど、髪の毛にとって大切な栄養を消費します。

適量のアルコールにはリラックス効果もありますが、

過度な飲酒はひかえましょう。

 

 

厚生労働省が推奨している適切な

1日のアルコール摂取量の目安は

純アルコールたったの20gであります。

これは、ビールでしたら500ml(中瓶1本)

ワインなら約200mlくらいになりますので、

是非参考にしてみてください。

(実に少ない量ですねこの量しか飲めないなら

個人的に禁酒した方がマシなような気がします)

 

 

 

本格的な予防をするなら育毛剤がいいかも

今回はハゲの予防方法をご紹介してきました。

普段の生活を急に変えるというのは難しいことなので、

自分のペースで可能なことから取り入れていきましょう

 

 

もし、「生活習慣を変えるのは難しい」と悩んでいたり、

「もっと本格的な予防に挑戦したい」という方には育毛剤がおすすめです。

 

 

育毛剤は、抜け毛を予防し、

今ある毛を丈夫に育てることができます。

体への悪影響は、ほぼありませんので、

発毛剤と違って誰にとっても

はじめやすいのも、オススメする理由でございます。

 

 

 

私、ツカコッコーの育毛経験から

「リグロースラボM15ミノキシジル15%」

という育毛剤をオススメ致します。

 

 

 

「ツカコッコーオススメのザガーロと同じ成分はこちら」

(ザガーロはM字ハゲ、つむじハゲ、どんなハゲにも威力を発揮するみたいですよ)

 

 

 

自分が薄毛にあてはまるのか、知りたい方は要チェックです。

 

 

 

なんで、ハゲる人と、ハゲない人がいるのでしょうか!?不思議ですよね。

「そもそもなぜハゲるのか気になる方はこちら」

 

 

 

若ハゲはやっぱりなんとかしたい、そんな方にオススメ!

 

 

 

そういえば漁師に薄毛が少ないのには秘訣があった。

「漁師には薄毛が少ないのはなぜなの?」

 

 

 

毛髪再生医療ってどれだけ高額なのか!?

「毛髪再生医療は高額を知りたい方はこちら」

 

 

 

ツカコッコーの育毛のやり方や秘訣が、ご覧になれますよ。

育毛中の私のスケジュールはこちら(日勤務時)

 

 

 

「ツカコッコー超オススメの男女兼用育毛シャンプーはこちら」

 

 

 

 

 

無料相談、お問い合わせはこちらまで お気軽に どうぞ。

(お名前はニックネームでも結構です)

(職業、住所、TEL番号記載は任意で結構です)

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ