おはようございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

 

 

私は以前に青魚が薄毛に有効であるという

記事を書いたのですが ↓↓↓↓↓↓↓↓

「薄毛になりにくい食品それは青魚 青魚でも最も有効な魚とは!」 ‎

なんと、青魚は薄毛だけに有効ではなく

生活習慣病にとても画期的な食品でした。

 

 

この記事では青魚の素晴らしい効能をご紹介していきます。

 

まずは「青魚」の定義ですが

一般的にはイワシ、サバ、アジ

サンマ、ニシン、トビウオなどの

背側の表皮が青っぽい中・小型魚

(これを多獲性魚類とも言います)

を指します。

 

どの魚も日本の食卓を支えている魚たちですが

最近では食卓の主役を他の食材に奪われがちですね。

今回は、「青魚の秘められたパワー」を

わかっていただけたらとおもいます。

 

 

北極圏に住むイヌイットの人たちは

住んでいる地域の特性上

野菜をほとんど食べることはなく

アザラシなどの動物性脂肪摂取が

中心の食生活でした。

 

このような食生活では

血栓症(血管に血液の塊ができ血流を阻害する病気)や

肥満の人が多くなると思われがちですが

彼らには血栓症や肥満の方が

非常に少なかったといわれています。

 

 

その理由について

彼らを調査した研究者たちは

「不飽和脂肪酸を豊富に含む青魚やアザラシを常食としているため」

と結論づけました。

 

 

不飽和脂肪酸(DHA、EPA)には

血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ

血液の循環をよくする効果があり

動脈硬化・心臓病・ガン・糖尿病・高血圧の

予防につながります。

 

また、不飽和脂肪酸は脳の働きを活性化するので

脳卒中や認知症の予防効果が期待できます。

その他にも不飽和脂肪酸は

乾燥肌・アトピー性皮膚炎の改善

視力の向上などをもたらすことが知られ

さらに、青魚に含まれる数種類のビタミンが

こうした一連の働きを一層高めます。

 

 

実際にイヌイットの人たちは

動脈硬化・ガンや

心臓病・脳卒中

糖尿病・高血圧の人が

ほとんどいなかったと

いわれております。

 

 

素晴らしいパワーを秘め

威力を発揮する青魚は

1日にどのくらい食べればよいのでしょう!?

 

不飽和脂肪酸(EPA)の1日あたりの摂取目安

(効果が期待できる最低の摂取量)は

1gとされています。

これは青魚100gに含まれる量とほぼ同じです。

目安は、1日1食=アジ1匹かイワシ1匹

またはサバ1切です。

 

 

中でも、オススメの青魚はイワシです。

イワシの脂肪に含まれているEPAは

青魚の中でも豊富であり

このEPAが血管をしなやかにする

成分なのです

 

 

偏った食事や、不規則な生活習慣などで

血流が悪くなると

動脈硬化になりガンや

心臓病・脳卒中

糖尿病・高血圧

の原因となります。

 

 

イワシに含まれるEPAが血液中の

中性脂肪やコレステロールを減らして

血液をサラサラにする効果が見込めます

動脈硬化や心臓病、脳卒中予防にもいいのです

 

 

しかし、動物性脂肪や植物性油を

多く摂りすぎると

薄毛予防効果の方は

半減するのです。

皮肉なもんですね。

 

 

いかにしてEPAを摂る比率を多くするかが重要です

 

 

厚生労働省が推奨する

1日あたりのEPA摂取量は

1000mgであります。

この量は1匹のイワシを食べれば

補えるのです。

 

 

EPAを摂取すればするほど

薄毛や、白髪にも効果的なのであります。

 

 

但し、EPAは熱に弱いので

生で食するのが一番ですが

つみれ汁や、みそ汁にすれば

加熱中に落ちてしまったEPAも

汁と一緒に食することができます。

 

 

中でもオススメは

イワシの缶詰です

缶詰は生のイワシを入れて

熱処理をしておりますので

EPAがそのまま凝縮されて

缶詰に含まれております。

 

 

その量はEPA約5000mg以上で

イワシ約5匹分入っております。

イワシの缶詰は汁ごと

食して下さい。

 

 

昨今、巷では健康ブームで

サバの缶詰が有名になり

人気が出すぎて売り切れ状態!

しかも、値段も上がってしまいました。

 

 

サバの缶詰でも

DHA、EPAは補えますが

 

 

イワシの缶詰の方が

値段も安く

サバの缶詰より

DHA、EPAは

多く含まれております。

 

 

因みにイワシの缶詰には

DHAも約3000mg以上

含まれており

一石二鳥であります。

 

 

手っ取り早くEPAを摂取したいなら

1日、イワシの缶詰を1缶

食することをオススメ致します

 

 

但し、青魚全般に言えることなのですが

イワシなどには、プリン体が

多く含まれておりますので

尿酸値の高い方は身体の違和感や

体調不良が出た場合は

摂取はおやめ下さい

 

 

EPAを十分摂取して

血管がしなやかになり

血液がサラサラになったのなら

生活習慣病予防の準備は整いましたね!?

 

 

 

動脈硬化を予防して脳疾患や心疾患を

防ぐ記事はこちらをご覧下さい。↓↓↓↓↓↓↓

「脳疾患 心疾患それは動脈硬化 四つの原因を改善して予防しよう」 ‎

 

 

 

私「ツカコッコー」は    

いつでも個別に無料相談を

(現在5名と個別相談中です)

行なっておりますので

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

「無料相談、お問い合わせはこちらまで お気軽に どうぞ!」

(お名前は、ニックネームでも結構です)

(職業、住所、TEL番号記載は、任意で結構です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に書かれた内容の無断転載、無断複製を禁じます。

 

 

 

 

 

この記事をご覧になった方は
応援クリックをお願いします。

ヘアケア・スタイルランキング