ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

この記事は約10分で読めますが

冒頭は専門的な用語が多く長いので

読まなくても結構ですが

血糖値が下がっていく

データーだけは、必ず見て下さい

 

 

 

血糖値が高くても

薬を飲まずに血糖値を

下げれたらこんなに

嬉しいことはないですよね?

実はそれが可能なんですよ。

 

 

私も、かつては血糖値が高めでした

 

 

しかし、ある「プログラム」を実践したら

とても血糖値が大幅に改善されたんですよ。

 

 

かなり驚きましたね。

 

 

糖尿病は中高年が恐れる

生活習慣病の一つであり

乱れた食生活や運動不足からくる

高脂血症や肥満を抱えている人ならば

誰もが、そのリスクを抱えている

と言っても過言ではございません。

 

 

平成29年に行われた

厚生労働省の調査によると、

糖尿病が強く疑われる者の割合は

男性が18.1%、女性が10.5%という結果が出たようです。

この割合は、ここ10年間は、ほとんど横ばいで

推移しているうえ年齢が高くなるにつれて

その割合も高くなるという傾向があります。

 

 

そして、40歳以上の

3人に1人

糖尿病

もしくは糖尿病予備軍です

 

 

糖尿病は一度かかると

完治が難しいと言われる病気なので、

年齢が上がるにつれて

糖尿病を患っている期間が

長くなるということになります。

 

 

そして、糖尿病の患者さんは再入院を繰り返す方も少なくなく、

その原因には合併症や生活習慣など様々なものが考えられます。

再入院を防ぐためには適正な血糖コントロールを続けなければなりません。

 

 

 

1度入院した糖尿病患者の再入院の原因

糖尿病で入院し退院したものの

再度入院を繰り返してしまう原因には

およそ2つのものが考えられます。

 

 

合併症が原因となっている

・年齢が上がると再入院する確率も高くなる

ある調査によると、糖尿病では初めて入院する患者さんの

年齢層に比べると再入院する患者さんの

年齢層が高い傾向にあると分かりました。

これは、糖尿病が一度かかると完治が

難しい病気であることを考えると当然と言えます。

 

 

・糖尿病になっている期間が長くなると合併症が起こる割合も高くなる

糖尿病による再入院患者の年齢層が上がるということは

糖尿病になっている期間も長くなっている可能性も高くなるとも考えられます。

糖尿病を患っている期間が長くなると合併症が起こる割合も高くなります。

つまり再入院を繰り返してしまう原因は、

糖尿病を患っている期間が長く合併症を

起こす確率が高いためといえるでしょう。

 

 

教育入院したにも関わらず、生活習慣を改善できずに症状が悪化してしまう

・糖尿病の教育入院とは?

糖尿病は完治しづらい病気ですが

適切な治療を続けながら血糖をコントロールすることで

合併症の発症や病気の進行を遅らせることができます。

そのために糖尿病という病気のことを患者さんや

支援する家族の方々に理解してもらうことを

目的としているのが糖尿病の教育入院です。

 

 

・教育入院中は病院が

血糖コントロールをしてくれるが、

退院後はそれを続けることができない

教育入院中は病院側の指示に従って

運動療法や食事療法をおこなっていくことになるので、

すべてを医療スタッフにゆだねて血糖コントロールができます。

 

 

しかし、退院後はそれを自分でおこなわなければなりません。

入院中は糖尿病である自分と病院というシンプルな構図で

病気と向き合っていくことができますが退院後はそうはいきません。

忙しくストレスの多い日常生活に戻っていく患者さんの中には

入院中のようにしっかりとした血糖コントロールを実践できない方もいるのです。

そうなると症状が悪化して重症化し、

さらに合併症を発症してしまい再入院となってしまうのです。

 

 

糖尿病の慢性合併症

糖尿病の治療は血糖コントロールをしていくことが重要となり、

それがうまくいくと病気の進行を遅らせるほか

合併症の発症を防ぐこともできます。

逆に血糖コントロールがうまくいかないと

病気が進行し、合併症のリスクも高くなってしまいます。

 

 

糖尿病の合併症には、慢性のものと急性のものがあります。

慢性合併症は糖尿病の治療を長期間おこなわず、

血糖コントロールもしないまま

血糖値が高い状態が続くことで起こる合併症です。

糖尿病の慢性合併症には、主に以下のようなものがあります。

 

 

●神経障害

糖尿病神経障害は血糖値が高い状態が続くことで

手足の神経に異常をきたし、さまざまな部位に痛みやしびれ、

感覚異常などがあらわれる合併症です。

神経は多くの働きをしているため、

部位や症状も多岐にわたります。

以下に主な症状をご紹介します。

 

 

<感覚異常>

皮膚の感覚に関わる感覚神経に異常が起こり、

両足の先からしびれや痛み、冷えが起こり感覚が鈍くなります。

画びょうやガラスの破片などを踏んでも

痛みを感じなくなることがあります。

 

 

<胃腸運動の異常>

食べ物の消化に関わる自律神経に異常が起こり、

胸やけや吐き気、食欲低下や消化不良などが起こり、

下痢や便秘といった症状が現れることがあります。

 

 

<心臓や血圧調節の異常>

心臓には感覚神経があり、

血圧の調節には自律神経が関わっています。

心筋梗塞が起こっても痛みを感じない、

あるいは血圧の調整がうまくいかずに

立ちくらみが起きやすくなることがあります。

 

 

<四肢の異常>

運動神経の異常で、筋力低下や筋萎縮が起こることがあります。

太ももやお尻の筋力が低下したり痛みや

しびれが起こったりするほか、足が変形してしまうこともあります。

他にも、目や顔面の異常や、泌尿器や生殖器の異常、

発汗障害や血糖コントロールに影響する異常など

様々な症状があるので、何かしらの異常を感じたら、

かかりつけの医師に相談することを検討してください。

 

 

●網膜症

高血糖の状態によって目の網膜にある

非常に細かい血管に異常が起こる合併症です。

この糖尿病網膜症は自覚症状がないので、

気づかずに進行してしまうと最悪の場合、

失明に至ることもあります

 

 

逆に、早期発見できると血糖コントロールが

うまくいっていない場合でも、

レーザー治療などによって

出血を予防できることもあります。

糖尿病の患者さんは自覚症状がなくても

年に1回以上は眼科で眼底検査を

してもらうようにすることをおすすめします。

 

 

●腎症

腎臓で尿を作る部位には

非常に細い血管がたくさん集まっています。

糖尿病の期間が10~15年以上続き、

その間血糖コントロールがうまくいかずに

血糖値が高い状態が続くと毛細血管が傷ついてしまいます。

 

 

それが原因で起こるのが糖尿病腎症です。

この合併症が進行すると

腎不全を起こして透析が必要となります

日本で透析を受ける患者さんの多くは

この糖尿病腎症だといわれており、

患者さんも数も年々増加する傾向にあります。

 

 

人工透析になってしまうと

糖尿病末期状態です

こうなる前に

手を打つことを

強くオススメ致します。

 

 

血糖値が高いのに

甘くみていた私は

ラーメンや唐揚げ、うどんや天麩羅

パスタなどの糖質や脂質

そして炭水化物たっぷりの食事を

何年もしていたら

(絶対に甘く見ない方がいいです)

血糖値が、かなりヤバイことに

 

 

ヘモグロビンA1Cが8.7になりました。

異常も異常高い高すぎる

医者に、即検査入院だと言われました。

これは相当にヤバイ

(髪の毛も相当ヤバくなっている)

でも、薬は飲みたくはない。

1回飲んだら薬はやめられない。

薬を飲み続けるのは絶対に嫌だ。

 

 

何か打つ手はないものか?

色々探していました。

そしてこちらの

荒木先生の

血糖値療法を見つけることが出来ました。

 

 

荒木先生の

血糖値療法実践して

半年後の健康診断では

ヘモグロビンA1Cが 8.76.4

更に半年後は6.5でしたが

(前回とほぼ一緒でした)

ヘモグロビンA1Cを、半年で2.3

下げるなんてほとんど無理

 

 

超奇跡なのです。

(糖尿病患者の方ならよくご存じだと思います)

 

 

ですが、実際に血糖値を下げることが

出来たのです。

大幅に改善された実際の検査結果

私の、検査実績データです。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 紛れもない事実です。

この結果には医者もビックリ

私も超ビックリ

医者「何をしたの?」

私「いやー食事方法をちょっとー変えてー」

医者「食事変えただけではこんなに下がらないわよ」

医者はとても不思議がっていましたね。

 

 

そして、最新の健康診断結果はこちら  ↓↓↓↓↓↓↓↓

ヘモグロビンA1Cが

薬を一切飲むことなく

一番高い時の

8.7から5.9になりました。

 

 

グルコースは高いですが、

朝ご飯を食べて健康診断を受けたせいだと思います。

食後血糖値は、ヘモグロビンA1Cと違い

すぐにあらわれます。

 

 

食後血糖値が急激に上がる方は

血糖値スパイクといって

隠れ糖尿病の可能性があり

大変危険な状態です

120くらいなら

血糖値スパイクではありません。

 

 

食後の血糖値が

およそ150を超えると

血糖値スパイクの

可能性があり要注意です

 

 

[糖尿病へ一直線]血糖値スパイクは危険、食後血糖値が高い人へ

 

 

そして、血糖値が

食後2時間で200以上ある方は

隠れ糖尿病の可能性があります

 

 

今回の検査でも

HbA1cの数値と同様に

中性脂肪や肝臓の数値にも

全く異常はありません

正常範囲内です

継続していい状態であることが

おわかりいただけると思います。

 

 

糖尿病になると

症状が軽い人で1日1回

重い人だと1日3回の

薬の服用が必要になります。

 

 

1度薬を服用すると

中々薬から脱却できなくなります。

そうなる前に

早く手を打つことを

強くオススメ致します。

 

 

私のように数年間

血糖値が高い状態で

なめたような食生活しない方が

絶対にいいですよ。

うっかりではすまされませんよ!

人生取り返しがつかなくなりますよ。

 

 

 

 

 

※こちらに記載されているページのリンクから

プログラムを購入された方には

このコンテンツだけでは解らないことや

わずか半年間でどのようにして

血糖値を下げたのか!?

スペシャル特典をお付けします。

 

 

特典1

こちらのプログラムで疑問に思ったことや

解からないことなどを、180日間

メールやLINEにて無料サポートします

 

 

私の場合は実際に実践してみると

解らないことだらけでしたので

これから実践される方には

私のようにならないために

サポートしたいと思いました。

(サポート不要な方はスルーして下さい)

 

 

特典2

血糖値を改善し血糖値を下げる

断糖食のレシピ(和食・洋食)を付けます。

(PDFレポートで提供)

 

 

特典3

血糖値が高い人でも

飲めるお酒やおつまみ

〆の麺類、デザートなどを

満載したレシピを付けます。

(PDFレポートで提供)

 

 

これら3つの

スペシャル特典を

特別にお付けします。

 

 

 

「断糖食で糖尿病を克服!インスリンも薬もやめられた画期的な方法はこちら」

 

 

 

「無料相談、お問い合わせはちらから お気軽に どうぞ!」

お名前は、本名でなくても、ニックネームでも結構です。

職業、住所、電話番号、記載は任意で構いません。

 

 

 

 

もしくは、私と気軽にLINEグループでつながり

病気の色々なお悩みや、最新情報等を交換しませんか!?

「LINEグループでコミュニケーションをとりましょう!」

 

 

 

 

※お名前や、メールアドレスが

公開されることはございません。

 

 

 

実際に私自身継続して現在も

このプログラムを実践しているので

こちらでは語れない

このプログラムの体験談、経験談を教えます。

私と一緒に血糖値を改善して

快適な人生を送りませんか!?

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。