ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

 

 

髪の毛にはヘアサイクルが

あるのはご存知でしょうか!?

 

 

髪の毛を伸ばす活動を

休止している毛根に

アプローチをすることで

ヘアサイクルを

のばすことが可能です。

 

 

育毛効果だけでなく

成長維持効果です。

これが

「ヘアサイクル」と

呼ばれているものです。

 

 

そもそも、なぜ髪の毛が

抜けるのかご存知ですか!?

これは、「ヘアサイクル」が

大きく関わっています。

 

 

「ヘアサイクル」とは

髪の毛が生えてから抜けるまでの

ひと通りの周期のことで

この周期に従って

毛が生え変わっていきます。

 

 

尚、髪の毛には

成長期、退行期、休止期の

3つの期間があります。

髪の毛の休止期の期間は長くて

成長期が短くなると細い髪の毛が

抜けたりして、髪の毛が減ったり

地肌が透けてきたりします。

 

 

原因として、ストレスや整髪料

カラーリングやパーマなどの

ダメージで髪が痛むと

考えられています。

 

 

ヘアサイクル成長期

成長期とは

髪の毛が成長していく期間です。

3つの期間の中では

最も長い期間で

5年~6年くらいとなります。

健康的な髪は、1年で約15cm程伸びます。

伸びの成長期間が長ければ

その分髪の毛も伸びます。

 

 

退行気

髪の毛の成長が止まり

毛球の縮小がはじまります。

この期間は2週間くらいで

最終的には毛球は

完全に退化していきます。

 

 

休止期

この頃になると

毛根の位置が深い位置から

浅い位置に変化致します。

その奥側から新毛が成長をはじめて

古い毛髪は新毛に押し出されて

抜け落ちていきます。

この休止期は、3ケ月~4ケ月程となります。

 

 

このように、ヘアサイクルがあるため

抜け毛が起こることは

全く問題ではありません。

1日に100本程度の抜け毛であれば

一般的なヘアサイクルの範囲内位であります。

 

 

 

 

髪の毛は、いわゆる製造工場です。

製造ラインのどこかが止まってしまうと

他の工程に影響し支障がでますよね?

髪の毛の成長周期は5年~6年と以外に長く

周期の乱れによっては成長期の途中で

髪の毛が成長を止めてしまいます。

 

 

更に退行期から休止期に入ってしまうと

脱毛が早くなり薄毛になりますが

毛髪周期が近くなれば脱毛を防ぎ

丈夫な髪の毛で頭皮を

守ることが可能です。

 

 

脱毛サイクルから育毛サイクルへ

移行することが重要となります。

 

 

毛根が頭皮に残ってないと

効果は見込めません。

その毛根が残ってない。

毛根が無くなっている。

もしくは、毛根が相当弱っている

ような状態では

育毛剤を使ったとしても

効果は見込めないと思います

 

 

例えば、頭がツルっパゲの人や

薄毛になってしまってから

何年もケアせずに放置していた人には

アプローチする毛根が無くなっている

状態でしょうから

育毛剤を使用しても

全く意味が無いということになります。

 

 

毛根が残っていたら育毛効果が期待できます。

まだ毛根が残っている人は

おめでとうございます。

間に合いましたね。

 

 

薄毛であることに気付いて

それほど時間が経っていないのであれば

髪の毛が細く、弱っていたとしても

毛根が生き残っていることが多いので

育毛の効果が期待できます

 

 

髪の毛が生え変わりをあらわす

ヘアサイクルは諸説ありますが

髪の毛が生まれてから抜けるまで

平均して3年~6年といわれています。

 

 

なにもケアせずに髪の毛の

生え変わりを経ていくと

必ずといっていいほど

毛根や毛球が弱ってしまい

やがて死滅してしまいます。

 

 

できることなら

薄毛になりはじめてから

ヘアサイクルが一巡する前に

早め早めに対策を行うほど

育毛の効果を

より実感できると思いますよ

 

 

 

 

 

毛根さえ残っていれば何歳からでも育毛は可能なのです ↓↓↓↓↓↓↓↓

「育毛は何歳からでも ハゲてから何年経っても可能ですその方法とは」 ‎

 

 

 

 

 

効かなかった育毛剤や価格

最終的に効いた育毛剤がご覧になれます   ↓↓↓↓↓↓↓↓

「安価な方法で毛が生えてきた記録はこちら!」

 

 

 

 

 

毛根さえ生きていれば髪の毛は復活できるのです   ↓↓↓↓↓↓↓↓

毛根が死んでいる 本当に死滅したの?毛根を復活させる方法とは

 

 

 

 

 

この記事に書かれた内容の無断転載、無断複製を禁じます。

 

 

 

 

 

 
この記事をご覧になった方は
応援クリックをお願いします。

ヘアケア・スタイルランキング