ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

乳ガンの治療法

乳ガンの治療法には手術、放射線療法、化学療法があります。

ただ基本となるのは、乳房内にできたガンを取り除く手術で、

ステージ1期~3期の乳ガンの場合は必ず手術が必要となります

 

 

以前は乳房を大きく切除すれば、再発を防ぎ生存率も高めると

考えられていましたが、現在は可能な限り小さい範囲で

ガンを取り除く手術が主に行われています。

 

 

もちろんガンの種類や大きさ、進行度によって手術の種類も違っており、

患者の要望も聞きながら、最適、最善な方法を選択していきます。

 

 

手術方法を大きく分けると、

まず、全摘手術と部分切除術に分かれます。

全摘手術には、乳腺全部に乳頭、皮膚、腋の下のリンパ節を切除し、

胸筋は残す「胸筋温存乳房切除術」腫瘍を含んだ乳腺全部を取り除き、

乳頭と乳輪は残す「皮下全乳腺切除術」がございます。

 

 

全摘手術の対象となるのは腫瘍が大きい、

広範囲に広がっている、

乳房内で多発している、

患者本人が全摘を望んでいる場合などです。

 

 

一方の部分切除術は、シコリを含む乳腺の一部を切除して、

乳頭と乳輪は残す手術が行われます。

シコリを切除した後には残した乳房に放射線をかけるのですが、

これは残した乳房内に残った、または目に見えない微小ガンを破壊するためです。

この乳房温存手術と放射線治療をあわせて行う治療法を「乳房温存療法」と呼びます。

 

 

放射線と聞くと怖いイメージがありますが、

実は、ガンの治療の放射線は、他の治療と比べても、

大きく体を傷つけることなく、機能も損なわれないのが特徴となります。

 

 

特に乳ガンには放射線が効きやすいと言われており

乳房温存手術が増加した事で放射線治療が

併用される機会も増えてきています。

 

 

乳房温存療法のみならず、全摘手術を受けた患者にも、

リンパ節転移が多い場合には、放射線治療が行われます。

再発を減らし、領域のリンパ節転移や遠隔転移を抑える目的があります

 

 

もし全身に微少ガン細胞が散らばっていた場合や、

転移や再発を繰り返し、延命や症状緩和を目的とする治療法には

化学療法、いわゆる抗ガン剤が使われます。

投与方法には、直接血管内に抗ガン剤を投与する静脈注射と

錠剤の飲み薬がありますが、

どちらの薬品も血液とともに全身の細胞に運ばれ、

目に見えない大きさのガン細胞を治療することができます。

 

 

抗ガン剤には脱毛や吐き気などの副作用がありますが、

基本的には通院による外来治療で行われます

入院治療とは違い、副作用などの症状は自分で申告する必要があります。

申告した症状によって、吐き気止めや抗生剤の処方、

または投与の休止や入院を、勧められる事もあります。