おはようございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

腸内細菌を整えて大腸ガンのリスクを減らし長寿に

 

 

 

 

最近では長生きをする人が

増えてきましたが

私も、出来ることなら

長生きをしたいです。

なぜなら

長生きをしてやりたいことや

やり残したことが沢山あるからなのです。

 

 

そして、夢があったり

こうなりたい

こうしたいなどと

目的や目標があると

簡単には死ねないですよね?

 

 

では、長生きするには

どうしたらいいのか?

実は、長生きの人には共通する

ものがありました。

 

 

それは

腸内細菌で、腸内環境の良さです。

腸の中にいるのが

腸内細菌です。

善玉菌、悪玉菌など

様々な菌が私たちの

腸に住み着いています。

 

 

元々腸の中にいる菌のことを

常在菌といいます。

 

 

乳酸菌やビフィズス菌、善玉菌などが

含まれているヨーグルトなどを

食べるとこの善玉菌が

腸に良い影響を与えてくれるのですが

数百兆個いる常在菌が善玉菌の

腸での滞在を拒んでしまうのです。

その結果、腸に居座ることが出来ずに

善玉菌は便として排出されます。

 

 

しかし、ヨーグルトは

菌を腸内に常駐させるのではなく

腸を通過する時に良い物質を出し

それにより腸の常在菌の

吸収率がよくなるということなのです。

ですから、ヨーグルトを食べるときは

食前がオススメです。

 

 

そして、善玉菌を増やす食材として

昆布、ワカメ、ひじき、海苔等の海藻類を

よく食べると腸内環境が良くなるのです。

 

 

その他に舞茸、シメジ、えのき

なめこなどのキノコ類

ジャガイモ、サツマイモなどの芋類

大豆や納豆も良いといわれております。

これらの食物は水溶性食物繊維が

含まれております。

 

 

この水溶性食物繊維を腸内細菌が

利用して身体に良い成分を

作ってくれます。

いわゆる腸内に滞在する

常在菌の餌になり

それで善玉菌が増えるんですね。

 

 

水溶性食物繊維が不足すると

大変なことが起きてしまいします。

常在細菌が餌を求め

ムチンという腸壁を

餌として食べ侵食していってしまうのです。

 

 

腸壁を食べ侵食していくことで

炎症性腸疾患や感染症になり

最悪の場合は「大腸ガン」を

引き起こす可能性があるのです。

怖いですね。

 

 

 

 

ガンになりたくなかったら

こちらの記事をお読み下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 興味の無い方はスルーして下さい。

ガンになりたくなかったら絶対これを読め 今からでも間に合うガン対策

 

 

腸内環境を整えることだけが

長生きの秘訣ではありませんが

善玉菌を増やし腸内環境を整えて

大腸ガンを予防し

長生きしたいものですね。

 

 

長生きをして

悔いのない人生を

楽しみながら歩みたいですね。

 

 

私の場合は、今はこの取り組みをおこなうこと

悔いのない人生を送って、人生を楽しんでいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 興味の無い方はスルーして下さい。

ブログ書くなら濃縮ブログマスターが断然オススメ経験なくてもOKです