ご覧いただきありがとうございます。

「ツカコッコー」です。

 

 

 

うつ病を徹底解説!統合失調症・精神疾患・神経伝達物質・薬物療法・周りの接し方

 

 

うつ病や統合失調症といった精神疾患は

誰もがかかる可能性のある病気です。

そして長期入院していたり

手術後に意識障害になったりして

うつ病になる人もいます。

更に過労やストレス、環境の変化などにより発症し

更年期や老年期にも起こりやすいと言われています

 

 

うつ病の患者数は年々増えており、100万人を超えています。

日本人の8人に1人はうつ状態にあるというデータもあります。

恋人や配偶者、あるいは家族などがうつ病・統合失調症を患うケースもあり

誰にとっても身近な病気であるといえます。

 

 

精神的な病気は外から見てもわかりにくいことが多く

本人にとっては非常に辛い場合でも

周囲の人には理解されにくいことがあります。

うつ病や統合失調症などの精神疾患は

かつては「心の病気」というのが常識でした。

 

 

しかし様々な研究により

今では「脳の病気」(神経伝達物質のバランスが崩れる病気)

であるとする医療機関も増えています

最近では、うつ病の診断を血液検査で

行うなど検査方法も進化しております。

 

 

 

うつ病や統合失調症ってどんな病気なの?

 

うつ病や統合失調症は、れっきとした病気です。

場合によっては死に至ることもある病気です。

以前に比べると様々に取り上げられ認知度は上がっているものの

「気持ちの問題」「心の甘え」など

まだまだ偏見や誤解は多いのが現状です

 

 

うつ病や統合失調症を予防し改善するには

病気の原因や仕組みなど基本的な知識が必要です。

また、精神疾患の基本を知ることは

病気への偏見や誤解を解消したり

患者さんへ接する際の助けとなります。

 

 

 

病気のサインを知って早期発見・早期治療につなげる

 

精神疾患は見た目にはわかりにくい病気です。

ただ、病気になりやすい気質や傾向があったり

行動や言動など病気のサインが見受けられることがあります。

うつ病や統合失調症の原因や症状を知ることで

病気の早期発見や早期治療ができるようにしておきましょう。

 

 

 

うつ病や統合失調症など精神疾患の治療方法

 

精神疾患の治療方法には

薬物療法をはじめ様々な治療方法があります。

それぞれの仕組みや特徴を理解して

適切な対応ができるように

準備しておきましょう。

 

 

 

うつ病や統合失調症の改善にまつわる食べ物・飲み物

 

かつては「心の病気」といわれた精神疾患ですが

今では「脳の病気」であると解明されつつあります。

脳内の神経伝達物質(脳内ホルモン)が不足したり

バランスが崩れることが病気に大きく関わっているとされます。

神経伝達物質を補ったりバランスを整えるなど

うつ病や統合失調症など精神疾患の改善には

バランスの良い食生活が重要となってきます。

 

 

 

家族がうつ病や統合失調症になった時の対応について

 

うつ病や統合失調症といった精神的な病気は

外から見てもわかりにくいことが多く

本人にとっては非常に辛い場合でも

周囲の人には理解されにくいことがあります

れっきとした病気であるにもかかわらず

「気持ちの問題」「心の甘え」などの

偏見や誤解を持たれることも多いのです。

 

 

しかし、病気の改善には周囲の理解やサポートが不可欠です。

身近な人がうつ病や統合失調症になった場合の接し方

また周囲の人間はどんなことができるのか

よく考慮して対応してあげて下さい。

 

 

 

 

 

うつ病を克服するにはこれだ!本当の自分を取り戻そう!

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。